IDでもっと便利に新規取得

ログイン

©S-PULSE

アプリ【マイ・フォーカス】練習試合vs沼津「栗原&加藤、脅威を与える2トップが示した協調性」

清水エスパルス

勝負を分けた重要なプレーや、選手の気になった行動など、一つのシーンに焦点をあてて試合を振り返るコンテンツ、【マイ・フォーカス】。今回は練習試合vsアスルクラロ沼津より。

今回はWebでもご紹介!

4月12日に行われたアスルクラロ沼津との練習試合。45分×2本目の飲水タイムを終えた後、2人の大型ストライカー、栗原イブラヒム ジュニアと加藤拓己がピッチへと駆け出していった。191センチ、88キロの栗原と、180センチ、84キロの加藤。迫力満点の2トップだ。年齢は特別指定選手の加藤のほうが2歳上だが、2人は高校時代に高円宮杯U-18プリンスリーグ関東で対戦経験がある。

©S-PULSE

2人が投入されてから9分後の33分、エスパルスに得点が生まれた。金子星太(ユース所属)が右サイドから上げたクロスに対して、加藤が中央、栗原がファーサイドに飛び込み、栗原がワンタッチで蹴り込んだ。(ゴールシーンはアプリでご覧いただけます。)

「まさか同じタイプの選手と一緒に出るとは思ってなかったので、すごく楽しかった」

そう振り返ったのは加藤である。年始に早稲田大学での試合で負傷した加藤は、ロティーナ監督体制が始まって以降、初めてエスパルスの活動に合流した。「監督が代わって守備のやり方も変わり、だいぶ難しさを感じた」と、まずは新しい戦術を身体に馴染ませながら、“相棒”の栗原からも学びと刺激を得たようだ。

「馬力だったり、しっかり決めきるところだったりというジュニアの良さは、年下とはいえ自分はもっともっと見習っていかないといけない。今日はジュニアから多くのことを学ぶことができたし、その中でジュニアが結果を出せたのは非常に良かった」

©S-PULSE

一方の栗原も、加藤と2トップを組むことで収穫があったのだという。「ゴリくん(加藤)はこのチームで初めての実戦だったので、普段はあまりないことだけど、今日は自分が上手く相方をリードすることを意識しました。とくに前線からの守備と、急ぐ場面とボールを大事にする場面の使い分け。得点シーンも、スピーディーなスイッチを入れることができて良かったと思います」

栗原は「ゴリくんと2トップを組むことで、お互いの良さが被って難しいかと言ったら、そうではない。前線にポイントが2つあることで、よりゴール前での迫力や得点の匂いは増すし、短い出場時間の中でも相手に脅威を与えられる」と、加藤とのコンビに手応えを感じていた。

©S-PULSE

この練習試合でチームの指揮を執った篠田善之コーチは、彼らの伸びしろに期待を寄せている。「彼らにとって今、大事なことは、『誰と組むか』『どこのポジションで出るか』ではなく、与えられた時間の中でアピールをすること。今日は20分ぐらいの出場で、ジュニが結果を出せたのは良かった。もちろん、まだまだ足りない部分はたくさんあるけど、ミスを恐れずにいろいろチャレンジして、彼らの力をチームに活かせればいい」

同じポジションを争うライバルでありながら、選手寮では多くの時間を共に過ごすほど仲が良く、「ピッチ外でのコミュニケーションがグラウンドでも良い方向に出ている」(栗原)という。互いの長所を認め、特徴を活かし合うことができる2人。やがては一緒にアイスタのピッチで躍動することを目指し、アピールを続けていく。

関連リンク

クラブ名
清水エスパルス
クラブ説明文

チーム名の「S-PULSE」は、「サッカー・清水・静岡」の頭文字Sと、サッカーを愛する県民、市民の胸の高鳴りとスピリットを表現するため、英語で「心臓の鼓動」を意味するPULSEを組み合わせて名付けられました。 1993年に「オリジナル10」の一つとしてJリーグ開幕を迎え、クラブの歴史がスタートしました。 こちらのサイトではチームや試合、イベントなど様々な情報をお届けいたします

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント