IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

高橋彩華 ー Vの季節

日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)

 JLPGA ツアー2020-21シーズン第21戦『KKT杯バンテリンレディスオープン』(賞金総額1億円、優勝賞金 1,800万円)大会第2日が4月17日、熊本県菊陽町・熊本空港カントリークラブ(6,501ヤード/パー72)で行われた。この日はスーパープレーが続出。スリリングな上位争いが展開された。首位は66をマークし、通算10アンダーの高橋彩華。1打差の通算9アンダーで吉田優利、古江彩佳が最終日に逆転をかける。
(天候:曇り 気温:16.5℃ 風速:2.5m/s)

 自信と予感が交差する。この日、首位に立った高橋彩華は賭けに出た。18番のティーイングエリアで、「あと、ひとつ」。心の中で奮い立つ。「優勝したい。同じ首位でも、単独とタイでは違います。きょうも意識した。1打でも少なく終わったほうがいい」とバーディーを狙った。

 第3打で勝負。残り60ヤードを58度で3.5メートルにつける。バーディーパットを気迫でねじ込んだ。「フェースへしっかりとヒットした。オーバーするぐらい、強くてボールがいい転がりをしたと思います」と満足そうだ。

 今年は7戦を消化。最終日、5度目の優勝争いに加わった。1打のアドバンテージは大きい。「最終日、スコアを伸ばしきれないことが敗因。あすは、きっちりとスコアを伸ばして勝ち切ります。そういう気持ちに今、なりました」と、公式会見で堂々と宣言。というのも、課題としてきた、メンタルのコントロールが今大会でうまくできているからだろう。

 「気合を入れ過ぎてもダメ。どうしても、優勝争いでは力んでしまう。リラックスしてプレーすることですね。無理に力を入れないように。そうすれば、ショットが曲がることもないでしょう」。達観した様子が、これまでとは別人のように映った。

 ムービングデーは、2番で1メートルのパーセーブを失敗し、ボギーからのスタート。ところが、「次のホールで、3メートルのパーパットが決まった。一番大きいのは、3番です」と分析する。なるほど、以降は、7バーディーを奪取。4番=10メートル、13番=13メートル、14番=8メートルなど、魔法のようなパッティングを決めている。

 「雨があがってから後半、グリーンが乾いてきた。スピードが出て、私のイメージとピッタリ合う。おかげでいいストローク、いいボールの転がりと条件が揃いました」と話した。

 それだけに前記した18番、最終日の予行練習で自信が増している。「第1打がキーポイント。これから1Wをしっかり調整します。あすは、無理をして笑おうとはしない。笑いたいと思った時にスマイルですね」と穏やかだ。桜は散ったが、新緑の間から、初優勝が見えてきた。
(中山 亜子)

関連リンク

クラブ名
日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)
クラブ説明文

一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)が運営する公式サイトです。女子プロゴルフツアーのスケジュールをはじめ、試合速報、選手のスタッツ、各大会の最新ニュースやクォリファイングトーナメント(QT)、プロテスト、レッスンの情報などを配信中。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント