IDでもっと便利に新規取得

ログイン

(C)BOATRACE

【BOATRACE】 寺田祥&井口佳典が大外豪快ターンで魅せた! 宮島G1ダイヤモンドカップ

BOATRACE

 広島県廿日市市のボートレース宮島で7日、「G1ダイヤモンドカップ」の4日目が行われた。今節は2日目が荒天のため4Rを終えて中止。開催日程が1日延びた。8日は、開催としては予選最終日の5日目が行われる。

 4日目は、1Rこそ追い風だったが、徐々に向かい風へ変わり、強さが増してきた。そんなダッシュ向きの風を生かした選手がいた。まずは寺田祥【冒頭の写真】。6Rは力強いレースを見せた。6枠で進入は内へ動かず、枠なりの大外回り。しかし、コンマ10のトップスタートを決めると、内へ絞っていき、1Mはイン松尾拓までのみ込んだ。豪快な6コースまくりを決めて、シリーズ2勝目をゲットした。序盤は出足関係の弱さに不安を抱えていたが、4日目の動きを見るとやや伸び型のムードを感じさせた。この1着が効いて、得点率は8.50でトップに躍り出た。

 予選ラストとなる5日目は4、11Rに臨む。特に、後半11Rは今節2度目の1枠が待っている。11Rの枠番、メンバーは次の通り。

<宮島 5日目 11R 予選>
1枠 寺田  祥(山口支部)
2枠 岡崎 恭裕(福岡支部)
3枠 山崎  郡(大阪支部)
4枠 船岡洋一郎(広島支部)
5枠 新田 泰章(広島支部)
6枠 平本 真之(愛知支部)

 寺田は3日目のダイヤモンドドリーム2ndでインから立ち遅れた。今度こそ仕掛けを決めて、逃げ切りを決めたい。

 そして、6コースといえば、井口佳典【写真下】も力強い立ち回りを見せた。4日目11Rは大外からコンマ11のトップスタートタイ。1つ内の5コース市川哲也がややスリットでへこんだぶん、1Mは攻めやすくなり、思い切ってまくった。インの愛弟子・新田雄史には届かなかったが、2着に食い込んだ。得点率は12位タイ(6.60)で、予選突破へ踏ん張りどころ。予選ラストデイは8、12Rに出場する。特に、後半12Rは1枠に組まれて気合が入る。枠番、メンバーは次の通り。

(C)BOATRACE

<宮島 5日目 12R 予選>
1枠 井口 佳典(三重支部)
2枠 大上 卓人(広島支部)
3枠 尾嶋 一広(兵庫支部)
4枠 毒島  誠(群馬支部)
5枠 森高 一真(香川支部)
6枠 杉山 裕也(愛知支部)

 得点率26位タイ(5.20)で勝負駆けとなる毒島誠や、5戦3勝と好調で6位タイ(7.60)の森高一真もいるが、井口はインからスタートに集中。軽やかに逃げて予選突破を図る。

関連リンク

クラブ名
BOATRACE
クラブ説明文

BOATRACEオフィシャルウェブは、ボートレースに関する数多くのお役立ち情報を提供しているポータルサイトです。 レースの開催日程をはじめ、速報性のあるNEWS情報、初心者にも分かりやすいボートレースの楽しみ方、 過去の記録をまとめたデータ集など初心者~既にファンの皆様までどなたにも活用していただけるウェブサイトとなっております。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント