IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Chris Unger/Zuffa LLC/UFC

【UFC】一本勝ちでタイロン・ウッドリーを退けたビセンテ・ルーケ

UFC

日本時間3月28日(日)、アメリカ・ネバダ州ラスベガスのUFC APEXを舞台にUFC 260が開催され、タイロン・ウッドリーとビセンテ・ルーケが対戦したセミメインイベントのウェルター級マッチはルーケがウッドリーからタップを引き出し、一本勝ちを収めた。

【セミメインイベント】
ウェルター級マッチ 5分3ラウンド
●タイロン・ウッドリー vs. ビセンテ・ルーケ○
1ラウンド(3分56秒)サブミッション(ダースチョーク)

ビセンテ・ルーケ

「でかい1勝だ。ものすごく興奮している。頭の中にこのビジョンがあった。このためにトレーニングしてきたしね。でも、それが実際に現実になると違う。もっともっとエキサイティングで爽快だ。今回の勝利はものすごく興奮している。俺は常に対戦相手のベストを引き出す傾向があるから、誰に対しても過小評価せず、ベストバージョンの相手に備えることにしている。今日もそうだ。ウッドリーはきっと過去の試合よりもアグレッシブにくるだろうと思っていたし、実際、いい右を当ててきた。そういう試合になると気づいたときは、“よし、やってやろうじゃん”と思ったよ。そういうのには慣れている。これが俺のホームだ。戦闘が好き。最高だったし、どでかい勝利だ。彼に打たれて少しバランスを崩したとき、相手が3人いるように見えていたけど、いずれにしても向こうが積極的にノックアウトしてこようとしているのはなんとなく分かっていたんだ。対戦相手にカウンターをしかけるならそれが絶好のチャンスになる。だから、俺はしっかりと立って、相手のショットが見えたら同時に打っていくつもりだった。それがうまくいったのさ。向こうがオーバーハンドを打ってきたから、こっちは頭をかがめて右でいった。それが最初の一発で、向こうは倒れたし、その後は何発か打って気絶させ、最終的にはグラウンドに連れ込んだ。ノックアウトを狙っていたんだけど、あのサブミッションがいけると思ってそうした。まずは家に戻って妻と時間を過ごす。もうすぐ初めての息子、俺の初めての子供が生まれるんだ。その瞬間を楽しみたい。今はその瞬間に立ち会いたいし、いくらか休みもほしい。それにふさわしいとも思っている。その後はこの階級のトップを目指していくつもり。元チャンピオンを相手にこういう形で勝利できたから、トップ5の相手とやれるチャンスになると思う。もしそれがうまくいかず、ディアスが復帰したいというのなら、それも最高の試合になりそうだな。ネイト・ディアスとなら喜んでやるよ。彼のスタイルは最高だと思うし、ずっと楽しませてもらってきた。最高のマッチアップになるだろうね」

Chris Unger/Zuffa LLC/UFC

【メインカード】
バンタム級マッチ 5分3ラウンド
○ショーン・オマリー vs. トーマス・アウメイダ●
3ラウンド(3分52秒)KO

ショーン・オマリー

「とても満足している。いろんな人にいろんなことを言われた。8カ月間、それに対応してきたし、メッセージをもらったり、そういうことを言ったり。俺の足を狙おうとしていた優れたキックボクサーを相手に戦えて・・・いいパフォーマンスだった。みんなを黙らせることができてうれしいよ。まあ、そういう人たちが黙ることはあるのかって話ではあるけど、でもいい気分だ。試合になったら流れるようになる。3ラウンドもできてよかった。第2ラウンドでフィニッシュするつもりだったんだけどね。試合前には1ラウンドで倒して2ラウンドでやっつけようと思っていた。トーマスはタフだし、本当に手強くて尊敬もしているけど、3ラウンドを戦えたことはいい気分だった。何をもっていいパフォーマンスと言うのか分からない。エディ(ワインランド)戦のように殴られなきゃいいのか。ちょっと殴られるのか。自分の試合をたくさん見た。振り返って、ホセ(キノネス)の試合も、エディの試合も見た。その試合はかなりあっという間だったけど、今回はしっかり見直せるね。戻って振り返るのが楽しみだよ」


Chris Unger/Zuffa LLC/UFC

女子フライ級マッチ 5分3ラウンド
●ジリアン・ロバートソン vs. ミランダ・マーベリック○
判定3-0(27-30、28-29、27-30)

ミランダ・マーベリック

「私は自分にかなり厳しい。戻って試合を振り返ってみないと。第2ラウンドでは明らかにミスした。正直、どうやってテイクダウンされたのか具体的には覚えていないの。サブミッションはうまく防げたけど、もう少し早く形成を逆転してマウントを取りたかった。自分にその力があるのは分かっているけど、彼女のゲームプランが一本を取りに来ることだと分かっていたから関節技を受けないように慎重になっていたの。それはそれとして、打撃はかなりうまくいったわ。もっともっと自分の力を発揮して次の試合ではさらにいろんな技を身につけ、カーディオを改善させたいと思っている。私にしてみれば、すべてのラウンドを取ることには慣れているから、頭の中では“OK、たとえ数秒打たれたとしても、あきらめないこと、ダメージを受けないように。あきらめずに戦い続けよう”って感じだったわ。なんとか立ち上がれたし、グラウンドを脱したらすぐにパンチを打ち続けて攻撃していった。もう一度、彼女をテイクダウンできたから、それは良かったと思う。試合中に自分を責めてしまうという自分の精神的なハードルを乗り越えるようなものね。ひとつは年齢について言われること。若くて前途洋々というのはいいんだけど、ダメだったときの言い訳にはならないと思う。メイシー(バーバー)もとても若いし、UFCには若くして活躍しているファイターが何人もいる。私も、ただ持ち上げられるんじゃなくて、そういう存在になりたい。自分が有望株であること、その力があることを証明したい。ただ、もしかしたら若さは関係ないかもしれないけれど、このスポーツに長く携わっている人たちよりも、私の方が素早く戻って何かを変えたり、改善したりできるという事実はあると思っている。5年やって、まだ強くなっているから、とてもうまくやれているんじゃないかしら。自分がかなりなんでもできるってことを示せたと思う。テイクダウンディフェンスのことをよく酷評されるけど、それだけじゃなくて、テイクダウンを仕掛けていけるんだってことも示せたはず。私にはレスリングがあるし、打撃だってあるから両方を兼ね備えている。UFCのデビュー戦ではその一部しか見せられなかった。みんなは過去の試合なんて見ずにそこだけ切り取っていく。でも、基本的に私は何でもうまくできるし、もっと成長して強くなれる。私よりも経験豊富な人たちとだって戦えるわ。他のインタビューでも何度か言ったけど、ワレンチナ・シェフチェンコは誰もが目指す先にいる。私はUFCデビューのときに批判された。“すでにチャンピオンを指名している”と。私にしてみれば“そうじゃない”の。2年以内にワレンチナとタイトルをかけて戦えるようになりたいってそう言ったの。今でもその気持ちに変わりはないし、まずは彼女のお姉さんとやりたい」


Chris Unger/Zuffa LLC/UFC

ライト級マッチ 5分3ラウンド
○ジェイミー・ムラーキー vs. カーマ・ワーシー●
1ラウンド(0分46秒)KO

ジェイミー・ムラーキー

「とても気分がいい。ホッとしたのはもちろんだけど、UFCデビューをどういう風に飾りたかったかってことは考える。思い通りとはいかなかったけど、これでいい。これが俺の戦い方。こういう形で自分のスキルを発揮できたことに興奮している。反応を見ていたんだ。鋭いジャブを打ってきたから、相手のパワーを気にしていた。彼はとても強いパワーを持っている。経験も豊富だ。それも考慮に入れていたこと。相手は経験豊富なベテランだからね。相手の反応をうかがうためにフェイントをかけたり、右から左のフックを出したりしていたけど、それがキレイに決まった。おもしろいことに、試合が近づくにつれて安心感が増していった。不思議なんだけど、試合が近づくと自信がわいてきた。ブラッド(リデル)は彼の試合当日の朝に中止になって、アレックス(ボルカノフスキー)の試合が中止になったときは自分が仕事をやり遂げないとと思ってモチベーションが少し上がったんだ。あれが自分を奮い立たせた。できるだけ早く試合に戻りたい。巻き返さないといけない。ケガで1年休んでいたし、2020年は出だしでくじかれた。その埋め合わせの時間が必要だ。もしかしたら、アレックスがベルトを防衛しようというタイミングでやるかもしれない。気分はいいよ」

関連リンク

クラブ名
UFC
クラブ説明文

世界最強のファイターが集う究極の総合格闘技団体UFCの情報を余すことなくお届け! 最新ニュースをはじめ、世界各国で開催されるイベントを完全網羅し、試合日程や結果、ランキング、選手データなど、さまざまな情報を配信します。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント