IDでもっと便利に新規取得

ログイン

CEREZO OSAKA

セレッソ大阪【J1リーグ第11節 川崎vs C大阪】早くも迎えた昨季のリーグ王者との一戦。真っ向勝負で勝点3を奪いにいく

セレッソ大阪

AFCチャンピオンズリーグ出場による前倒し開催として行われる明治安田生命J1第11節。セレッソ大阪は、川崎フロンターレのホームに乗り込んでの一戦に挑む。


ホームで柏レイソルを撃破した開幕戦から中3日、早くも迎えた昨季のリーグ王者との対戦だ。歴代最速優勝、最多勝点、最多得点など記録的な数字を残して昨年のJ1を制した川崎。セレッソも、昨季はホームで1-3、アウェイでは2-5で敗れており、その強さをまざまざとみせつけられる結果となった。今季の川崎も、富士ゼロックス・スーパーカップを制すると、横浜F・マリノスとの開幕戦も2-0で勝利。その強さは継続されている。

そんなリーグ王者との一戦を前に、「難しい試合になることは間違いない」とレヴィー クルピ監督も警戒感を強める。と同時に、「チームが一体となって戦うことができれば、開幕戦のようないいゲームができると思います」と自信も覗かせる。盤石に見える王者にも隙がないわけではない。前述の2試合とも、後半は相手に主導権を握られる時間帯があり、守田英正が抜けた中盤も固まり切ってはいない印象を受ける。セレッソとしては、勝利の確率を高めるためにも、まずは早い時間帯に失点しないことが重要になる。昨年のアウェイ戦で苦しめられた家長昭博や三笘薫を抑えることも求められる。ただし、ただ守備的に戦え、というわけではない。今季の目指す方向性である、前から奪いにいく積極性も発揮し、アグレッシブな姿勢で王者に挑みたい。

CEREZO OSAKA

開幕戦では、先発で起用された大久保嘉人が先制点を奪ってチームを勢い付ける、最高の形で船出を飾ったセレッソ。その大久保にとって川崎は「特別なクラブ」。3年連続で得点王を獲得するなど輝かしいときを過ごした古巣に乗り込む“桜の嘉人”がどのようなプレーを見せるか注目だ。また、大久保と同じく古巣戦となるのが原川力。開幕戦では奥埜博亮とダブルボランチを組み、攻守に活躍した背番号4のプレーも今節の見どころとなる。

今週は、今節から中2日で再びアウェイでのFC東京戦も控えている。早くも総力戦の様相を呈しているが、そんな厳しい連戦を戦い抜く何よりのエネルギーが勝利になることは言うまでもない。王者の庭に乗り込む今節。開幕戦勝利の勢いをさらに加速させる勝点3を、全員で奪いにいく。
(文=小田尚史)

関連リンク

クラブ名
セレッソ大阪
クラブ説明文

Jリーグ所属のセレッソ大阪の公式アカウントです。 クラブの最新ニュースやイベント、チケット、オフィシャルグッズなど様々な情報をお届けします。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント