IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Getty Images

【陸上】日本選手権20km競歩|東京五輪内定の藤井菜々子が初優勝、男子は山西利和が制す

オリンピックチャンネル

第104回日本陸上競技選手権大会・20km競歩が2月21日、兵庫県神戸市で行われた。男子はTokyo2020(東京五輪)日本代表内定の山西利和(愛知製鋼)が大会記録を更新する1時間17分20秒で優勝。女子も東京五輪内定の藤井菜々子(エディオン)が1時間30分45秒で初優勝を飾った。

男子は高橋英輝(富士通)が1時間18分4秒で2位、池田向希(東洋大学)1時間18分45秒で3位。東京五輪に内定している3選手が表彰台に立った。女子は同大会7連覇を目指していた岡田久美子(ビックカメラ)が1時間31分51秒で2位。3位は渕瀬真寿美(建装工業)で1時間36分49秒だった。

東京五輪代表の内定枠は男女それぞれで「3」。男子は山西、高橋、池田がすでに内定を受けている。女子は藤井と岡田の2選手が内定となっており、残る内定枠は「1」。今大会で、すでに内定を受けている2選手を除く日本人最上位に立った渕瀬は、6月13日までに派遣設定記録(1時間30分00秒)を満たせば内定となる。

関連リンク

クラブ名
オリンピックチャンネル
クラブ説明文

IOCオフィシャルメディア、オリンピックチャンネルの公式アカウントです。オリンピックに関わるスポーツのニュースやコラム、読者の皆様に役立つ情報をお届けします。またオリンピックのドキュメンタリー映像やメダリストたちの名場面集など、動画コンテンツの配信も行っています。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント