IDでもっと便利に新規取得

ログイン

©BorussiaDortmund

BVB、レヴィアダービーに快勝

ボルシア・ドルトムント

ボルシア・ドルトムントは20日、敵地で行われたシャルケとのレヴィアダービーを4-0の大勝で制した。ハーフタイム前にサンチョが先制点を挙げると直後にホーランドがアクロバティックなゴールでリードを広げ、後半にもゲレイロとホーランドがゴールを重ねて会心の勝利を収めた。

 ダービーらしく立ち上がりから両チームがアグレッシブなプレーを見せた試合の最初のチャンスは7分。ペナルティエリア内左サイド寄りの位置でサンチョがホーランドからパスを受け、巧みなドリブルでマークを外してシュート。しかし相手GKにセーブされた。

 その後も優位に試合を進めるBVBはカウンターを受けた場面でも素早い切り替えで対応、シャルケに決定機を許さない。そしてハーフタイムが迫った42分、BVBは前線からの相手にプレッシャーを掛け、モレイが高い位置で相手のパスをカット。それを拾ったサンチョがすぐさまペナルティエリアに持ち込むと、フリーのまましっかりとシュートを決めて待望の先制ゴールをもたらした。
 
 さらにその3分後、今度は左サイドのサンチョからゴール前にクロスが入る。待ち構えたホーランドはためらうことなく宙に舞うと、左足でアクロバティックなジャンピングボレー。シュートはゴールネットに突き刺さり、怪物ストライカーのスーパーゴールで前半のうちに2点をリードすることに成功した。

 後半開始直後はシャルケが意地を見せ、50分にはゴール前でフリーのセルダルに決定的なシュートを放たれるが、ヒッツが触れたボールはゴールポストに当たり失点を免れる。ヒッツはその直後にも鋭い飛び出しでゴールを守った。

 やや劣勢となった時間を集中した守備で乗り切った60分、BVBは左サイドを起点に流れるようなパス交換を見せ、最後はロイスからのリターンをゲレイロが流し込んで3点目。抜群のチームワークを見せて勝負の行方を決定づけるゴールを奪った。

 さらに79分にはサンチョとのコンビネーションでベリンガムが右サイドを崩し、グラウンダーのクロスをホーランドが押し込んでダメ押し点。計4点を挙げ、水曜日のチャンピオンズリーグに続いて大きな勝利を手にした。

先制点を決めたサンチョ 先制点を決めたサンチョ ©BorussiaDortmund

関連リンク

クラブ名
ボルシア・ドルトムント
クラブ説明文

ボルシア・ドルトムント(通称:BVB)は、1909年12月19日に誕生し110年以上の歴史を持つドイツのサッカークラブです。ドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州・ドルトムントに本拠地を置き、ドイツリーグ1部(サッカー・ブンデスリーガ)に所属しています。ドイツリーグ8回、DFBポカール(カップ戦)3回、DFLスーパーカップ4回、UEFAチャンピオンズリーグ1回、UEFAカップウィナーズカップ1回、インターコンチネンタルカップ1回というタイトルを保持するドイツ屈指の名門チームです。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント