IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ⒸY.F.M.

横浜F・マリノス 新加入選手6人のファーストボイス!

横浜F・マリノス

横浜F・マリノスは、今年、計11人の選手が新加入してシーズンに向かう。その中で、6人が横浜F・マリノスで、4人が期限付き移籍先で始動した(レオ セアラは加入内定)。
今回は、1月23日開催の新体制発表会に出席した背番号7FWエウベル、24DF岩田智輝の移籍加入選手と、30DF平井駿助、32GK田川知樹、35MF樺山諒乃介、37MF南拓都の新加入選手のショートインタビューを紹介!F・マリノスは、1月30日から春季一次キャンプを開始する。

上段左から南拓都、田川知樹、平井駿助。下段左からエウベル、岩田智輝、樺山諒乃介 上段左から南拓都、田川知樹、平井駿助。下段左からエウベル、岩田智輝、樺山諒乃介 ⒸY.F.M.

F・マリノスをもっともっと大きくしたい!
#7 FW エウベル
生年月日:1992年5月27日(28歳)
身長/体重:170cm/70kg
出身:ブラジル
前所属:ECバイーア

――横浜F・マリノスの印象
オファーをいただいたとき、本当にうれしかったです。海外でプレーすることは夢でしたし、特に日本という国はブラジル人を暖かく迎えてくれるということを聞いていました。そのとおりだったし、チーム関係者に感謝したいです。チームは、すごく攻撃的で、アグレッシブという印象を受けました。いち早くチームメイトと練習から連携をとり、チームの目標を達成したいです。
――自身のプレーエリア
特徴はドリブル。あとアシストもします。ポジションは、この段階では断言できませんが、オフェンスであれば、サイドでも中でもプレー可能だと思っています。ただ、どのポジションで出場しても、チームの目標を達成するために、私の動きをどんどん出していきます。
――エジガル ジュニオ選手やブラジル人選手から横浜F・マリノスのことを聞いたか
エジガル選手とはECバイーアで1年半ともに戦いました。F・マリノスからオファーをもらったとき、すぐにエジガル選手に連絡をして、チームや横浜の街について、いろんな話を聞きました。ポジティブな話をたくさん聞けたので、迷わずF・マリノスに決めました。
――日本と日本のサッカーの印象
素晴らしい文化で外国人を暖かく迎えてくれる国です。僕と家族は、観光でも日本に行きたいと話をしていました。それが住むことになったので幸せに感じています。F・マリノスは伝統があり、偉大なクラブ。ブラジルでもF・マリノスが知られるようになったのは、ブラジル人選手がいるからこそ情報がたくさん流れているのだと思います。F・マリノスで成功して、もっともっとチームを大きくしたいです。そして、横浜ライフも存分に楽しみたいですね。


ポジション争いに勝つ!
#24 DF 岩田智輝
生年月日:1997年4月7日(23歳)
身長/体重:178cm/73kg
出身:大分県
前所属:大分トリニータ

――横浜F・マリノス加入の決め手
F・マリノスの魅力的なサッカーは、自分のプレースタイルにあっていると思いましたし、やりたいサッカーができるという気持ちがありました。
――松原健選手とのポジション争いになる
自分の中では、どこのポジションでも試合に出たいと考えています。センターバックであろうがサイドバックであろうが、任せられたポジションを全力でやります。健くんとのポジション争いも、負ける気はないですし、しっかりポジションを取りたいと思っています。
――今年は、五輪イヤーでもある
五輪代表選手は目指していることですし、日本を代表して試合に勝って優勝という目標を持っています。もっとレベルアップが必要ですが、そのためには、F・マリノスで試合に出ないといけません。
――自身が描くF・マリノスでのポジション
いつも、自分をサイドバックにおいてチームをイメージしています。もちろん、F・マリノスでもサイドバック目線でサッカーを見ています。
――自分での成長ポイント
対人やサイドチェンジのボールを自分でも意識するようになってから、クロスの精度は上がったと思います。F・マリノスのサッカーで、自分の新しいサッカー感ができると思います。今後は、攻守で1対1に強くなるということと、攻撃的サイドバックという部分で、ゴール前のクオリティを上げていきたいと思います。


畠中選手を参考に!
#30 DF 平井駿助
生年月日:2002年9月7日(18歳)
身長/体重:186cm/73kg
出身:和歌山県
前所属:興国高校

――F・マリノスの練習参加で得た課題
攻撃では、自分の特徴のパスやビルドアップで手ごたえを感じていました。守備では、1対1の弱さ、ヘディングで負けることがありました。今後は、そこを伸ばしたいです。
――F・マリノスでのシーズンがスタートした
レベルが高いF・マリノスで成長して頑張りたいと思いました。興国(高校サッカー部出身)が、自分を含めて4人いるので心強いです。切磋琢磨していきます。
――目指している、目標にしている選手
畠中(槙之輔)選手です。両足で鋭いタテパスを出すところは、毎試合参考にしています。
――Jリーグと自分の差を感じるところ
一つ一つのプレーでスピード感が違って、目が追い付いていけないところや、体感スピードが違いました。一つ一つの練習でモチベーション高く取り組んでいくことが大事だと思います。そして、練習試合があれば、そこで出場して競争に勝っていければと思います。
――将来の目標
畠中選手を越えられる位置にいきたいです。


プロ人生がはじまった!
#32 GK 田川知樹
生年月日:2002年9月18日(18歳)
身長/体重:180cm/74kg
出身:大阪府
前所属:興国高校

――ユニフォームに袖を通した感想
「あぁ、これからF・マリノスの一員として、自分のプロサッカー選手としての人生が始まるんだな」という気持ちになりました。
――今季、GK5人。厳しい競争になる
先輩方4人は、それぞれ特徴があって盗むことがとても多いです。1日1日を大事にして、少しでも多くのことを学んで成長して、チームの勝利に貢献できるように頑張って行きます。
――練習参加で、松永(成立)GKコーチから学んだこと
毎回の練習に取り組む姿勢を指摘いただき、それを意識することで、成長を実感できました。今後も意識しながら練習をしていきたいです。
――F・マリノスのゴールキーパーの役割
F・マリノスはディフェンスラインが、すごく高いのが特徴です。その後ろの広大なスペースをゴールキーパーがカバーするということから、ほかのチームよりもゴールキーパーは多くの役割を担います。また、ビルドアップでミスをすると大ピンチになるので、一つ一つにこだわることを練習から意識してやっています。
――今後のプロキャリアの描き
少しでも長くプロサッカー選手としてプレーしていくために、この1年目をスタートとして大事にしたいと思います。


みなとみらいの夜景を見たい!
#35 MF 樺山諒乃介
生年月日:2002年9月17日(18歳)
身長/体重:171cm/68kg
出身:大阪府
前所属:興国高校

――本職のトップ下にはライバルがたくさんいる
昨年から練習参加をさせてもらって、マルコス(ジュニオール)選手や(天野)純くんのプレーをずっと近くで見てきました。自分に足りないものを持っている方々なので、マネをしたり、純くんに関してはいろいろ教えてもらいました。キャンプでもいろいろ教えてもらって、盗んで、自分が持っていないものを吸収したいです。そうすれば、自分にもチャンスが回ってくると思います。チャンスがきたら、結果を残すイメージはしっかりできています。
――成長したい部分
まだまだ足りない部分は決定力と、ほかの攻撃陣の選手と合わせること。そして、運動量と思っています。
――持ち味の一つのドリブルをどう活かすか。
F・マリノスのサッカーで、監督にもいわれていることは、まず簡単にプレーすること。そして、自分の武器であるドリブルをどの局面で使うかということです。まずは、純くんやマルコスみたいに簡単にプレーをしながら、ファイナルエリアでは、自分のよさであるドリブルを出したいです。二人にはないものを自分は持っていると思うので、そこは自信を持ってやっていきたいです。
――プロ1年目の目標
試合に絡むことです。絡んでからはゴール、アシストと目に見える結果で、F・マリノスのタイトルに貢献したいと思います。
――コミュニケーションは得意か
大阪人なので、コミュニケーションは大丈夫だと思います。いろんな選手と話したり、仲良くしたり、どこにいっても誰とでもコミュニケーションを取れるのは、僕というか大阪人の武器だと思っています。
――横浜での楽しみ
みなとみらいの夜景がきれいと聞いたので、いつか行きたいです。


50メートル5.9秒です!
#37 MF 南拓都
生年月日:2002年5月9日(18歳)
身長/体重:174cm/64kg
出身:三重県
ポジション:MF
前所属:興国高校

――足が速い
50メートルは高校の測定で5.9秒でした。
――高校で一番速かった?
体育祭で徒競走に出場したら、たまたま1位でした。
――得意なのは、サイドバックとウイングのどちらか
ウイングです。
――F・マリノスのウイングの印象
破壊力がすごいので、先輩たちから見習っていきます。僕のウイングの理想は、タテに行って、クロスを上げてアシストで結果を残すことです。
――チームから求められていることは何と考えているか
スピードを武器にしているので、最後の仕掛けだと思います。攻撃でも守備でも走り切ることを期待されていると思います。
――ロールモデルは誰か
すごく尊敬する先輩、自分の理想に近いウイングの仲川輝人選手を真似していきたいです。スピードは自信があります。
――プロ選手1年目の目標
先輩に負けじと試合に出場することです。そして、興国のほかの3人より先に試合に出て結果を残します。一番仲がいい3人でもあるので、その中で切磋琢磨していきたいです。

関連リンク

クラブ名
横浜F・マリノス
クラブ説明文

日産自動車サッカー部として1972年に創部。横浜マリノスに改称し、1993年にオリジナルメンバーとしてJリーグ開幕を迎えました。1999年には横浜フリューゲルスと合併し、現在の横浜F・マリノスの名称となりました。マリノスとは、スペイン語で「船乗り」を意味し、世界を目指す姿とホームタウンである国際的港町、横浜のイメージをオーバーラップさせています。勝者のシンボルである月桂樹に囲まれたエンブレムの盾には、錨とカモメが表現されています。こちらでは、チーム、試合やイベントなどさまざまなニュースをお届けします。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント