IDでもっと便利に新規取得

ログイン

CEREZO OSAKA

【J1リーグ C大阪】2021年チーム始動記者会見を実施

セレッソ大阪

本日、開催しました「2021年チーム始動記者会見」を開催いたしました。

■森島寛晃代表取締役社長
日頃よりご支援頂きまして、ありがとうございます。昨年はコロナ禍の状況の中でシーズン最後まで戦い抜けた点は、ご支援頂いたサポーターの皆様、スポンサーの皆様、Jリーグ関係者の皆様、医療関係者の皆様のおかげであり、この場を借りて、クラブを代表して、大変、感謝を申し上げます。昨シーズンはタイトル獲得を目標にしていていましたが、4位に終わりました。ただ、その中でも、ACLのプレーオフ出場は勝ち取ることができました。一昨年、5位、昨年、4位という結果の中、これからクラブがどのような形でタイトルを目指していくのか、クラブがどのように発展していくのか、セレッソ大阪とセレッソ大阪スポーツクラブが一つになって、同じ方向を向いていこうということで、昨年、理念を策定いたしました。この場をお借りして、セレッソ大阪の理念について、少しお話をさせていただきたいと思います。新しいクラブ理念は「SAKURA SPECTACLE」と呼び、これは今までも使ってきていました。今シーズンのチームスローガンとしても、引き続き使っていきたいと思います。これを皆様に分かりやすく伝えると、「チームが面白い試合を見せ、皆さんの心を動かす、ワクワクさせたい」ということをクラブとして大切にしていきたい、という思いです。新しいクラブ理念の中で、構成は大きく3つあり、セレッソ大阪の使命であるミッション、セレッソ大阪の目指す姿のビジョン、そして、ミッション、ビジョンを示すための行動指針。

CEREZO OSAKA

まず、使命であるミッションは、サッカーを核とする事業を展開して、夢・希望・感動にあふれたスポーツ文化の振興と地域社会の発展に貢献をすること。これは、色んなサッカークラブが使命に使っているかも知れませんが、夢・希望・感動といった部分を、セレッソらしさで表現しております。続きまして、目指す姿であるビジョンは、大きく3つございます。1つ目は、大阪のシンボルとして、アジア、そして世界に咲き誇るクラブになる。これはチームとしてもリーグ優勝を常に目指す中で、ACL、世界で活躍して、海外の方たちにも、“大阪と言えばセレッソ”と言ってもらえるようなクラブを目指していきたい。そして2つ目が、最高にワクワクするエンターテインメントを提供するクラブになる。これは先ほど、「SAKURA SPECTACLE」のところでもお話しましたが、面白い試合を見せて、選手が躍動し、観客の心を動かす、皆さんがセレッソの試合を見ると元気になる、パワーをもらえる、そのようなクラブを目指します。3つ目は、スポーツと、その関連領域を牽引する育成型クラブになる。セレッソ大阪は、トップチームだけではなく、アカデミー、レディース、スクールやスポーツクラブ、指導者派遣、食育、施設管理など関連領域で事業を行っています。それらの領域をけん引する育成型クラブを目指します。選手であれば、セレッソ大阪に行けば、自分が成長して、日の丸を付けて、もっと高いところを目指してやっていく。選手だけではなく、スタッフも同じように、このクラブに来て成長できる。チーム関係者も含めて、セレッソのエンブレムを付けた者が皆、成長できる。そういうクラブを目指していきたいと考えております。行動指針は8つです。クラブに関わる全員が、この行動指針をもとに、「SAKURA SPECTACLE」の実現を目指していきたいと思っております。8番目に「セレッソの一員であることに誇りを持ち、次世代につなげ」というものがありますが、セレッソのエンブレムを付けて、みんなの思い、このクラブを良くしたい、自分の力で、という思いをしっかり持って行動していくことを大事にしていきたいと思っております。2021年は、このクラブ理念の実現に向けて、ゴールにこだわり、タイトルをみんなで目指し、トップ3を必ず達成したいと考えております。また、ACLでは、プレーオフからの参加ですが、まずここでしっかりと勝ち上がり、Jリーグを代表して、決勝トーナメントに進出できるように戦っていきたいと思っております。2017シーズンにタイトルを取り、その経験ある選手たちが中心となり、ベテランの選手、期限付き移籍で経験を積んで帰ってきた選手、若い選手など、色んな選手が新たに加わりました。そういった選手たちが切磋琢磨し、皆が大きな目標に向かって、一つになって戦っていく姿をしっかり示していきたいと思います。体制については、後ほど梶野智チーム統括部長から話をさせていただきます。コロナ禍の状況は続きますが、クルピ監督を中心に、チームとして一つとなり、サポーター、スポンサー、地域の皆様、クラブに関わるセレッソファミリーとして戦っていきましょう。今シーズンはスタジアムも新たにヨドコウ桜スタジアムとして6月に生まれ変わります。新スタジアムと一緒に、良いシーズンを送りたいと思っております。2021シーズン、ぜひ選手たちの躍動する姿に期待して頂ければと思います。本日はありがとうございました。

■梶野智チーム統括部長
今シーズンのチーム編成に関しては、昨季、主力で出ていた選手に、他クラブで主力で出ていた選手を獲得し、レンタルで経験を積んで帰ってきた選手、この3つの構成になっています。ACLに出ることも分かっていましたので、日本人の層を厚くしました。あくまでも我々は育成クラブ。それは、アカデミーからの育成ももちろんですが、途中から入って、セレッソで育ち、そこから世界に羽ばたくことも視野に入れた補強をしました。この選手たちで、最低トップ3、トップ3に入れるように、我々は今シーズンに臨みます。

■レヴィー クルピ監督
コンニチワ。セレッソに戻ることができて、嬉しく思います。再び色んな方々と会うことができて、本当に嬉しく思います。自分にとって大切な場所に戻れたことが嬉しいです。今年は選手も楽しくサッカーをして、サポーターと一緒に強いチームを作っていきたいと思います。非常に難しい時期で、こうして喋る時もマスクをしています。その中で、皆さんとともに1つのチームを作り、サポーターとともに戦って、最後はみんなで笑って終われる1年にしたいと思います。改めて、感謝の言葉しか僕にはありません。今年、みんなで最後に笑っていられるような環境を作れるように、今年1年、頑張りたいと思います。ドウモアリガトウゴザイマス。

CEREZO OSAKA

■進藤亮佑
チームの勝利に貢献できるように頑張ります。よろしくお願いします。

■原川力
よろしくお願いします。

■新井直人
今年1年、精一杯、頑張ります。応援よろしくお願いします。

■為田大貴
タイトルを取れるように頑張ります。よろしくお願いします。

■大久保嘉人
恩返しできるように頑張ります。よろしくお願いします。

■鳥海晃司
チームのために戦います。よろしくお願いします。

■加藤陸次樹
得点でチームに貢献できるように頑張ります。

■松田力
タイトルを獲得できるように、チームに貢献したいと思います。よろしくお願いします。

■松本泰志
プレーで貢献できるように頑張ります。よろしくお願いします。

■松井謙弥
チームのために、精一杯、頑張ります。よろしくお願いします。

■アダム タガート(映像でコメント)
今シーズンの目標はやはりリーグタイトルです。今年は初めてのJ1リーグになります。とても良い印象を与えながら始めたいです。素晴らしいスタートを切れたらと思います。僕の強みは動き出しです。最終ラインのDFを振り切って飛び出すことが好きですし、オフサイドトラップなどにもかからず、点を取りにいけます。最大の利点は点を取ることなので、点を取って、できるだけチームを助けたいと思います。セレッソに入れてとてもワクワクしています。皆さんの前でプレーできることが楽しみです。素晴らしい時を一緒に過ごせると思っています。素晴らしいクラブであること、素晴らしいファンがいることは前から知っていたので、皆様に会えることを楽しみにしています。ガンバリマス。

CEREZO OSAKA

関連リンク

クラブ名
セレッソ大阪
クラブ説明文

Jリーグ所属のセレッソ大阪の公式アカウントです。 クラブの最新ニュースやイベント、チケット、オフィシャルグッズなど様々な情報をお届けします。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント