IDでもっと便利に新規取得

ログイン

高橋学

【フットサル/負傷情報】エスポラーダ北海道の“ギャル男”佐藤明生が右膝前十字靭帯損傷、外側半月板損傷、内側側副靭帯損傷の大ケガ。長期離脱へ……。

SAL

復帰は術後7カ月後

13日、エスポラーダ北海道は佐藤明生が9日のフウガドールすみだとの試合前練習中に負傷。診断結果は右膝前十字靭帯損傷、外側半月板損傷、内側側副靭帯損傷。全治には手術を行ってから7カ月を要すると発表された。

「自分でも特徴がイマイチ分かりません(笑)。それと、日サロには行ってません」【Fの主役は俺だ!全チームインタビュー|佐藤明生|エスポラーダ北海道】

北海道で2シーズン目を迎える佐藤は出場することがなかった9日のすみだ戦を含む15試合にメンバー入り。チームメートの田辺陸に「ギャル男」と名付けられ、ABEMAを通じて親しまれていた。

ピッチでは泥臭いプレーで主力選手として活躍していたが当分の間、ピッチに立つ姿を見れなくなってしまった。

クラブからのリリースは以下のとおり

佐藤 明生選手の負傷について

佐藤 明生 選手が、1月9日(土)の試合前練習中に負傷いたしました。下記のとおり詳細をお知らせいたします。

●負傷日:2021年1月9日(土)
●診  断:右膝前十字靭帯損傷、外側半月板損傷、内側側副靭帯損傷
●手  術:手術を要しますが、日程は未定となっております。
●全  治:術後7ヶ月

関連リンク

クラブ名
SAL
クラブ説明文

フットサルを見る・蹴る・着るという3つの視点から多角的に発信していくメディアです。見る人には、試合情報や技術・戦術などの競技の魅力、選手のキャラクターや物語を。蹴る人には、ボールを扱う喜びや仲間と蹴る爽快感を。着る人には、注目アイテムや、着こなしのアドバイスを。それぞれのニーズに合ったフットサル情報をお届けします。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント