IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新日本プロレスリング株式会社

【新日本プロレス】L・I・Jがメインで快勝!鷹木は棚橋に対戦要求!【1.6結果】

新日本プロレスリング株式会社

 1月6日(水)、『WRESTLE KINGDOM 15 in 東京ドーム』の興奮冷めやらぬ中、東京・TOKYO DOME CITY HALLで『NEW YEAR DASH!!』が開催された。

新日本プロレスリング株式会社

 メイン(第6試合)は二冠王座戦の機運高まる王者の飯伏幸太とSANADAが、それぞれ棚橋弘至&ロッキー・ロメロ&SHO&マスター・ワト、鷹木信悟&内藤哲也&高橋ヒロム&BUSHIと組んで対決。飯伏とSANADAは見応えある攻防を繰り広げ、新IWGPジュニア王者のヒロムは、SHOと熱のこもったファイトを展開。鷹木は棚橋を意識するように攻撃を仕掛ける。さまざまな思惑が見えた10人タッグは、BUSHIが新技からエムエックスでワトを撃沈。

新日本プロレスリング株式会社

 試合後、飯伏がSANADAに二冠、鷹木が棚橋にNEVER、ヒロムがSHOにIWGPジュニアのベルトを見せつける。そして、BUSHIがマイクを握り「マスター・ワト、いや! 川人、俺が相手になってやるよ」とアピールすると、最後は「2021年、新日本のリングに注目を集めるのはオレたちだよ。エンセリオ! マ・ジ・で!」と叫んで大会を締めくくった。

新日本プロレスリング株式会社

 第5試合はオカダ・カズチカ&矢野通&後藤洋央紀&石井智宏&YOSHI-HASHIvsジェイ・ホワイト&EVIL&バッドラック・ファレ&高橋裕二郎&チェーズ・オーエンズ。BULLET CLUBはオカダに波状攻撃を見舞うが、CHAOSも好連携で対抗。終盤、ジェイが石井にSSSからブレードランナーを狙うも、切り抜けた石井は垂直落下式ブレーンバスターで3カウントを奪取。ジェイは前夜の飯伏戦に続きフォール負けを喫した。

新日本プロレスリング株式会社

試合後、矢野はオーエンズに『KOPW2021』のトロフィーを見せつけ、オカダはEVILと視殺戦を繰り広げた。

新日本プロレスリング株式会社

 第4試合は1.4ドームでIWGPタッグ王座戦を争ったタイチ&ザック・セイバーJr.とG.o.D(タマ・トンガ&タンガ・ロア)が、それぞれエル・デスペラード&金丸義信、石森太二&エル・ファンタズモとカルテットを結成して対峙。鈴木軍はゴング前に仕掛けると、ドームでタイチのアイアンフィンガーを強奪したタマに集中攻撃。だが、BULLET CLUBも邪道の介入から反撃を見せる。乱戦の中、最後はファンタズモがスーパーキック一発で金丸から3カウントを奪取。そして試合後、石森と共にIWGPジュニアタッグ挑戦をアピールした。

新日本プロレスリング株式会社

 第3試合は天山広吉&小島聡がヤングライオンの辻陽太を引き連れ、ウィル・オスプレイ&グレート-O-カーン&ジェフ・コブ組と激突。1.4&1.5ドームで全敗を喫したTHE EMPIREは、巻き返しを図るように猛攻。辻を合体オスカッターで仕留めると、試合後にオーカーンが天山にTTD。オスプレイも小島をヒドゥン・ブレイドでKOした。

新日本プロレスリング株式会社

 第2試合はタイガーマスク&上村優也vs鈴木みのる&DOUKI。上村は鈴木に果敢に挑んでいくが、鈴木軍はいたぶるように厳しい攻めで追い込む。本隊タッグも反撃を見せるも、最後は鈴木がゴッチ式パイルドライバーで上村の息の根を止めた。

新日本プロレスリング株式会社

 第1試合は永田裕志にゲイブリエル・キッドがチャレンジ。ゲイブは正面突破を狙い、気合いの攻撃。それを真っ向から受け止めた永田はエクスプロイダーを放つが、ゲイブはカウント2でキックアウト。しかし、最後は永田がナガタロックIIで貫禄の勝利。

関連リンク

クラブ名
新日本プロレスリング株式会社
クラブ説明文

1972年3月6日に創業者のアントニオ猪木が旗揚げ。「キング・オブ・スポーツ」を旗頭にストロングスタイルを掲げ、1980年代-1990年代と一大ブームを巻き起こして、数多くの名選手を輩出した。2010年代以降は、棚橋弘至、中邑真輔、オカダ・カズチカらの台頭で再び隆盛を迎えて、現在は日本だけでなく海外からも多くのファンの支持を集めている。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント