IDでもっと便利に新規取得

ログイン

CEREZO OSAKA

セレッソ大阪【J1リーグ第33節 C大阪 vs 鳥栖】豊川のゴールで同点に追いつき、攻め込むも、終盤に失点して敗戦。2位の可能性が消滅

セレッソ大阪

ホーム最終戦となった明治安田生命J1リーグ第33節・サガン鳥栖戦。セレッソ大阪は、前節に負傷交代したブルーノ メンデスと木本恭生がメンバーから外れ、豊川雄太と丸橋祐介が先発。ベンチには、柿谷曜一朗が3試合ぶり、鈴木孝司8試合ぶりに入った。

最初にチャンスを掴んだのはセレッソ。3分、攻撃参加した丸橋のクロスに逆サイドで片山瑛一がフリーで受けたが、シュートは打てず。12分にも、片山、清武弘嗣とつなぎ、チャンスを迎えたが、最後は坂元達裕と豊川が重なるような形でシュートには至らず。押し気味に試合を進めたセレッソだったが、21分、FKを直接決められ、鳥栖に先制を許してしまう。

CEREZO OSAKA

その後、しばらくは鳥栖に主導権を握られたセレッソだったが、追加点は与えず試合を進めると、35分過ぎから立て続けにチャンスを作る。42分、松田陸と清武で右サイドを崩すと、
最後は片山がシュート。2分後、今度は瀬古歩夢のフィードを坂元が収めて、清武へパス。左サイドから中へドリブルした清武が相手DFを引き付けてマイナスのパスを送ると、豊川がワントラップから見事なシュートを叩き込み、セレッソが同点に追いついた。

後半開始から柿谷を投入して[4-4-2]にシステムを変えたセレッソは、開始早々、豊川が負傷交代するアクシデントこそあったが、代わって入った高木俊幸も機能。再三、鳥栖ゴールに迫る。54分、清武が柿谷とのワンツーで惜しいシュートを放てば、64分には、片山のパスに抜け出した坂元がGKと1対1になるも、角度がなく、シュートは枠を外れた。残り10分となったところで、さらにギアが上がったセレッソは、89分に決定機。高木の左からのクロスを柿谷がトラップし、DFの背後へパスを送ると、直前に交代で入った鈴木孝司がワントラップからシュートも、わずかに枠を外れて、決め切ることができず。

CEREZO OSAKA

このビッグチャンスを逃すと、後半アディショナルタイム、敵陣に入るところでのパスをカットされてカウンターを食らい、88分に交代で入ったチアゴ アウベスに決められ、鳥栖に勝ち越しを許した。後半は鳥栖の攻撃を封じ込めていたセレッソだったが、再三のチャンスを逸すると、土壇場でまさかの失点。試合はこのまま1-2で終了し、天皇杯に出場できる2位の可能性が消滅。次節、ACL出場圏の3位の座を懸けて、鹿島アントラーズのホームに乗り込む。
(文=小田尚史)

関連リンク

クラブ名
セレッソ大阪
クラブ説明文

Jリーグ所属のセレッソ大阪の公式アカウントです。 クラブの最新ニュースやイベント、チケット、オフィシャルグッズなど様々な情報をお届けします。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント