IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Ⓒzweigen kanazawa

スポーツの精神 ツエーゲン金沢の魂・つくる

BOATRACE

「つなぐ」「楽しむ」「夢見る」「育てる」「つくる」

これらの5つの価値を高めていくことで、この街に挑戦する喜びとたくさんの生きがいを生み出していきたいと、発信しているツエーゲン金沢。
「挑戦を、この街の伝統に。」がクラブの理念である。

今回は「つくる」。ツエーゲン金沢の柔軟で温かみある取り組みのカタチはこの部分にも表れている。

何かを「つくる」にもさまざまな方法論があるが、これが正解という決定打はない。
「精緻な設計図を作成し、それに基づき厳密につくる手法」があれば、「だいたいのイメージを設けておき、進みながら変えていくやり方」もある。なかには「やっているうちに別物になってしまいそうになるが、それを妨げない」と語る舞台映像作家もいる。

「設計図や方向性はあるものの、やり方は固定しない」というのは、イラストや映像コンテンツなどのアート系にとどまらず、モノづくりの世界にもある。

Ⓒpiaworks

銅や真鍮を専門とし、1点モノをつくっている愛知県下のある金属加工工場には、発注者から提供された設計図はあるものの、作り方マニュアルがない。

Ⓒpiaworks

「クランク状に折れ曲がった胴素材の中央に丸い穴を通すような極めて難しい加工ができるのはマニュアルがないからです」と、経営者は語る。
「マニュアルがあるとこれはできない、とやる前に決まってしまう…。何とかしようと考えるのが技術者。失敗して素材が無駄になることもあるんですが、それはそれでしかたないです…」と語る。

ボートレーサーにも同様のことを言う選手がいるのは、技術者共通の志向があるからだろう。
一流選手は失敗を恐れない。

(C)BOATRACE

ツエーゲン金沢のクラブ運営にも一緒のものを感じる。
方向性やルールはあるものの、自由度がある。
ガチガチな行動様式で固定されていない。
みんなで感じ、考え、成長していこうという志で貫かれている。

Ⓒzweigen kanazawa

その象徴が、ボランティア組織”TEAM ZERO”だろう。
その名称は、クラブの土台となる「背番号0」を意味し、安心安全な試合運営とエンターテイメントを担う有志を募っている。
来場者への温かい対応で、最高の雰囲気を共に創り出しましょう、と呼び掛けているのだ。

ホームページには…
『サッカーが大好き!地域を盛り上げたい!自分の経験をボランティア活動を通じて活かしたい!サッカーの知識や経験がなくても問題ありません。どなたでも気軽に参加できる内容ばかりです。 たくさんのご登録をお待ちしております! 』とある。

ホームゲームの開始前、その日のボランティアメンバーが紹介されると会場に拍手が湧きおこるが、「好きな人がやっているんじゃないの…」という感じがしない。単なる感謝と敬意だけではないのだ。

『ボランティアなど、役に立つことや助けになることをすることで人は成長する』と知っている拍手だ。
励ましである。

人を励ますのは大変だ。
自分の事情を後回しにしなければならない。
励ます方が安定していなければならない。
さらに、ともに悩み考え見届けなければならない。
…成功するとは限らない…
…成功にマニュアルはないから…

あるのは『挑戦』だ。

Ⓒzweigen kanazawa

「挑戦を、この街の伝統に。」
クラブの理念は気高く、それでいて温かい。

関連リンク

クラブ名
BOATRACE
クラブ説明文

BOATRACEオフィシャルウェブは、ボートレースに関する数多くのお役立ち情報を提供しているポータルサイトです。 レースの開催日程をはじめ、速報性のあるNEWS情報、初心者にも分かりやすいボートレースの楽しみ方、 過去の記録をまとめたデータ集など初心者~既にファンの皆様までどなたにも活用していただけるウェブサイトとなっております。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント