IDでもっと便利に新規取得

ログイン

(C)BOATRACE

【BOATRACE】体重の増量に苦しみながらも田頭実がドリーム戦制し初日2、1着 若松

BOATRACE

 ボートレース若松(福岡県・ナイター開催)の一般戦「九州スポーツ杯」が21日、開幕した。

 シリーズの主役は田頭実【写真】。若松の通算1着数は1位で、SG制覇歴、さらにF3でのG1制覇歴もある、言うまでもない若松マイスター。今節は休み明け初戦だが、1走目の8Rではいきなり2コースからコンマ03のスタートで2着。12Rドリーム戦もコンマ10のトップスタートを決めて逃げ切り、圧倒的な舟券人気に応えた。新モーター4節目で2連対率0%のモーターを引いてしまったが、早くもレースになる足に仕上げてきた。

 しかし、そんな田頭も思わぬ悩みがある。それはこの11月から始まった最低体重制限52kg。小柄な体格の田頭は最低体重制限がない時こそ、減量に取り組むこともあったが、現在は普通に48kgから49kgの体重。食べても太らない体質で、体重を「増やす」ことに苦労しているという。

 52kgに満たなければ重りを積めばいいだけの話と単純に考えてしまうが、実はそうではないらしい。重量調整をする選手は500gの単位で重りを積む。着用するベストも500gの扱いなので、例えば2kgの重量調整が必要な選手は500gの重りを3個、ベストに入れる。3個までならベストの背中の下の部分に入れられるので影響はないらしいが、3個以上の重りを装着する時はベストの前の部分にも入れなければならなくなる。その時は直線の足に影響が出るというのだ。

 その影響を受けたくないため、田頭は2kg以上の重量調整を避けるべく、体重増量に励んでいるわけだが、「食べてもなかなか体重は増えないし、減量する方が楽なくらいです。これがきっかけで引退を決意した今村豊さんの気持ちは本当によく分かります」と苦笑い。「今節も自分以外に何人か、朝食を2回食べに来ていた選手がいたし、増量で苦しんでいる選手は他にもいると思う」と、ファンが知り得ない切実な内情も明かしてくれた。

関連リンク

クラブ名
BOATRACE
クラブ説明文

BOATRACEオフィシャルウェブは、ボートレースに関する数多くのお役立ち情報を提供しているポータルサイトです。 レースの開催日程をはじめ、速報性のあるNEWS情報、初心者にも分かりやすいボートレースの楽しみ方、 過去の記録をまとめたデータ集など初心者~既にファンの皆様までどなたにも活用していただけるウェブサイトとなっております。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント