IDでもっと便利に新規取得

ログイン

(C)BOATRACE

【BOATRACE】4年ぶりの津でも伸び上々 湯川浩司に試練の6枠

BOATRACE

 ボートレース津の「G1開設68周年記念ツッキー王座決定戦」は16日、序盤の2日間が終了した。2日目も水面環境が良く、無風や緩めの追い風で行われた。初日は逃げが9本とインコースが幅を利かせていたが、2日目はさらに拍車を掛け、1号艇の勝利がなんと11本。3Rで6号艇の松井繁が3コースから競り勝った以外は、白いカポックが次から次へとトップゴールを決めた。配当面はインが3着に敗れた3Rが3万円台の万舟券。3ケタ配当が4本、1000台が5本と人気サイドでの決着が多かった。

 初日のツッキードリーム戦で3着、2日目前半の1Rも3着だった湯川浩司【写真】が、後半の11Rではインから逃げ切ってシリーズ初勝利を挙げた。これで得点率は4位タイに上がってきた。「水をつかみ過ぎて少し流れたけど、伸びはまずまずですかね」と19号機を自己ジャッジ。津は2016年9月の一般戦以来、約4年ぶりの参戦になる。「調整に関しては全然分かってないですよ」と苦笑いするが、3走とも展示タイムは一番良かった。3日目は7Rで6号艇の1回乗りだが、目が離せない存在だ。

 2日目のメインだった12R「ツックンドリーム戦」は、枠なりの3対3から峰竜太がイン押し切った。「いいスタート(コンマ08)が決まりましたね」とニッコリ。ここまでの着順は2、5、1着で得点率11位タイに浮上。「舟足は特に目立たないけど、いいターンができる状態にはなってます。好きな足ですよ」と満足げに振り返った。峰はこれまで全国22場で優勝を飾っている。残すは今節の津と来節の蒲郡。津のG1周年と蒲郡のSGチャレンジカップで2節連続Vなら、同時に24場制覇を達成する。峰の実力なら十分に可能だろう。3日目は6Rの6枠、12Rの4枠で登場する。

関連リンク

クラブ名
BOATRACE
クラブ説明文

BOATRACEオフィシャルウェブは、ボートレースに関する数多くのお役立ち情報を提供しているポータルサイトです。 レースの開催日程をはじめ、速報性のあるNEWS情報、初心者にも分かりやすいボートレースの楽しみ方、 過去の記録をまとめたデータ集など初心者~既にファンの皆様までどなたにも活用していただけるウェブサイトとなっております。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント