IDでもっと便利に新規取得

ログイン

(C)BOATRACE

【BOATRACE】守屋美穂が3枚のSG切符につながる優勝戦に臨む

BOATRACE

 児島オールレディース(11月12日〜17日開催)は5日目が終了。優勝戦に臨むメンバーが決まった。

<児島最終日 12R優勝戦>
1号艇 宇野  弥生(愛知) 今年1コース1着率76%
2号艇 守屋  美穂(岡山) 今年2コース1着率24%
3号艇 細川  裕子(愛知) 今年3コース1着率24%
4号艇 堀之内紀代子(岡山) 今年4コース1着率17%
5号艇 千葉  真弥(静岡) 今年5コース1着率3%
6号艇 土屋 実沙希(静岡) 今年6コース1着率0%

 予選トップ通過の宇野弥生が準優をイン逃げで快勝してポールポジションを獲得。3・1・1・3・1・3・1・4・1着の活躍で優勝戦1号艇を手にし、通算14回目の優勝に王手をかけた。昨年5月の多摩川男女ダブル戦以来となる約1年半ぶりの優勝なるか。

 2号艇には地元の守屋美穂【写真】が座る。今節ここまで1・2・3・1・1・4・4・1・1・1着で、6勝のピンラッシュを見せるなど舟足は軽快だ。優勝のチャンスは十分にあるだろう。

 守屋にとってこの優勝戦はSG出場を目指す意味でも大一番になる。今年の守屋はすでに1月の江戸川オールレディース、7月のびわこオールレディース、9月の若松オールレディース、10月の常滑ヴィーナスシリーズと4回の優勝をマーク。もし今節優勝して今年5Vとなれば、2年連続2回目のSGボートレースクラシック出場へ大きく前進できる状況だ。

 また守屋は今年の獲得賞金が約3845万円で、男女通じた賞金ランキングが現在67位という位置。ちょうどSGグランプリシリーズの出場権争いでボーダー付近にいる。もし今節優勝して賞金105万円を上積みできれば60位あたりまで上昇し、2年連続2回目のグランプリシリーズ出場へ大きく前進できる状況だ。

 そしてグランプリシリーズとボートレースクラシックの出場権を獲得できれば、その先には来年6月に地元児島で行われるSGグランドチャンピオンにもつながってくる。守屋は今年のSGボートレースオールスターで27点、SGオーシャンカップで27点のSG予選得点を獲得しており、合計54点でグラチャン選考順位は現在60位あたり。グランプリシリーズとボートレースクラシックでさらに加点できればボーダーを超えてくる可能性が十分ある状況だ。

 守屋はこれまで7回のSG出場歴があるが、児島でのSGを走った経験はまだない。地元SGというヒノキ舞台に立つためにも、重要な意味を持ってくる児島オールレディース優勝戦だ。

注目の児島オールレディースのレース模様は女子レーサーの情報をまるっと集約したレディースインフォメーションにて配信中。
熱いレースだけでなく、女子レーサーや女子戦のイロハも紹介しており、初心者の皆様にも親しみやすいサイトとなっている。
詳細はページ下の関連リンクレディースインフォメーションよりご確認いただきたい。
こちらでは11月6日より実施中の第5回レディースオールスターファン投票を盛り上げるべく、昨年得票数1位の大山千広選手、新人女子レーサー野田彩加選手・中尾彩香選手ら3人によるリモートトークも公開中だ。普段アスリートとして活躍する彼女たちの素顔が見られるチャンスをお見逃しなく。
詳細はページ下の関連リンクレディースオールスター ファン投票特集ページよりご確認いただきたい。

関連リンク

クラブ名
BOATRACE
クラブ説明文

BOATRACEオフィシャルウェブは、ボートレースに関する数多くのお役立ち情報を提供しているポータルサイトです。 レースの開催日程をはじめ、速報性のあるNEWS情報、初心者にも分かりやすいボートレースの楽しみ方、 過去の記録をまとめたデータ集など初心者~既にファンの皆様までどなたにも活用していただけるウェブサイトとなっております。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント