IDでもっと便利に新規取得

ログイン

(C)BOATRACE

競技はひとりでは成り立たない 『競技をささえるしくみ2』

BOATRACE

 「会社を元気にする仕事です」
プロスポーツ企業に係わる会計士から直接聞いた話だ。
「経理や税務、つまりお金の流れをみるのが僕たちの仕事だとは思わない。数字からみえる処方を提案し、会社を元気づけられなければ自分たちの存在意義はない」というのだ。
その会計士はこうもいった。
「過去に起きたケースをよく勉強することも大切ですが、それに縛られると挑戦ができない。窮地に立たされている企業に対し、このまま会社を畳んだ方がいいとは言いたくない。僕は、可能性を追及してみましょうと言いたい」。

アナウンサーの仕事について
『人を励ます仕事』『感動の増幅器』『発信者と受信者をつなぐレンズ』などと自己定義するプロが現実にいるのと同じだ。
外形的な姿の中身を本質という。

野球やサッカーのグラウンドキーパーもそうだろう。ゴルフ界ではグリーンキーパーという。
『土や芝を管理する仕事』が外形。
『存分にパフォーマンスを発揮できるようにすること』
『ファンが気持ちよく観戦できる舞台を整えること』が本質である。
表舞台に立つことはないが、競技をささえる重要な使命がそこにはある。
知識や経験値はそのための材料だが、なにより貢献したいというハートがなければ成り立たない。
自然に対する畏敬の念も欠かせない。なぜなら自然は自分の思うようにならないからだ。

『自然に計画はない』のだ。

グラウンドキーパーは、大まかな年間スケジュールや先々の試合日程に合わせた予定を持っているが、実際は『天候任せ』な面があるという。
日照、降雨、降雪、気温、湿度…その変化に対応しながら、すこし先を予測し行動するのだ。
「自然に振り回される仕事です」と語る一流のグラウンドキーパーの真意が分かる気がする。

(ボートレース オフィシャルホームページより) (ボートレース オフィシャルホームページより) (C)BOATRACE

ボートレース界にも『表舞台に立つことはないが、競技をささえる重要な使命を担う者』が数多くいる。
レースコースの状態を管理する者、厳格な規定の中で選手整備の助言を行う者などである。
特に整備士は、選手の訴えを聞きつつ、適切にアドバイスし機力向上を期すのが仕事。それが『いいレース』につながり、ひいては『安全』にも寄与することになる。
つまり、『ファンに喜んでもらうための下地づくり』だ。

日照、降雨、降雪、気温、湿度に加え、ボートレースでは気圧と風がレースや整備に臨む判断要因となりうる。
ここにもまた、『自然に振り回される仕事』を誇りとする仕事人がいる。

関連リンク

クラブ名
BOATRACE
クラブ説明文

BOATRACEオフィシャルウェブは、ボートレースに関する数多くのお役立ち情報を提供しているポータルサイトです。 レースの開催日程をはじめ、速報性のあるNEWS情報、初心者にも分かりやすいボートレースの楽しみ方、 過去の記録をまとめたデータ集など初心者~既にファンの皆様までどなたにも活用していただけるウェブサイトとなっております。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント