IDでもっと便利に新規取得

ログイン

(C)BOATRACE

【BOATRACE】得点率トップタイに井口佳典と金子龍介、3位には上平真二が浮上 大村ダービー

BOATRACE

 ボートレース大村(長崎県)の「SG第67回ボートレースダービー」は23日、早くも予選最終日を迎える。

 1Rから最終12Rまで激しい雨が降り続いた3日目も波乱の1日。初日に8勝、2日目に6勝だったインがなんとわずかに4勝のみ。雨はモーターの出足性能に影響を及ぼすことがあるので、インには決してプラス材料ではないのだが、日本一インが強い大村の、しかもSG戦でインがここまで苦戦するとは誰が想像しただろうか…。

 3連単の万舟券も5本飛び出し、4Rでは6号艇の新田雄史が大外6コースから差し抜けて、今節の最高配当となる3連単で6万円台、2連単も2万円台の大穴が出現した。さらに11Rでは今垣光太郎と江夏満の2人がF。上位機を手にしていた今垣は、パワーが本格化した矢先のFでもあり、ガックリと肩を落としていた。

 そんな戦国ムードのダービー、3日目終了時点で8.00の得点率でトップに並んだのは井口佳典【写真上】と金子龍介の2人。4日目は井口が2回乗りで枠は3と4。一方の金子は1回乗りで枠は4。一般的に得点率で上位に立つには出走回数が少ない方が有利ではあるが、井口は2走とも得意のセンター戦とあって、条件は五分五分かもしれない。

 金子はこれが2年ぶり13回目のSG戦出場だが、予選を突破したのは初出場だった2004年のグランプリシリーズ戦のみ(結果は準優勝戦で4着)。16年ぶり2回目のSG戦予選突破がトップ通過なら、これ以上喜ばしいことはない。

(C)BOATRACE

 7.80の得点率で3位に浮上してきたのは上平真二【写真上】。ドリーム戦の6着から2日目、3日目の2回乗りを1、3、1、2着と好走。パワーも日々上昇ムードになっている。上平もSG戦出場はまだ12回目で、予選突破はこれまで3回あるが準優勝戦を突破して優出したことはない。4日目は1回乗りで枠は5。11Rとあって対戦相手も強力だが、上位着順でクリアして準優勝戦の好枠を手にしたいところだ。

大村SGボートレースダービーのレース情報やムービー特集、その他コンテンツはページ下の関連リンクよりご確認いただきたい。熱いレース展開に乗り遅れないようご注意を。

関連リンク

クラブ名
BOATRACE
クラブ説明文

BOATRACEオフィシャルウェブは、ボートレースに関する数多くのお役立ち情報を提供しているポータルサイトです。 レースの開催日程をはじめ、速報性のあるNEWS情報、初心者にも分かりやすいボートレースの楽しみ方、 過去の記録をまとめたデータ集など初心者~既にファンの皆様までどなたにも活用していただけるウェブサイトとなっております。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント