IDでもっと便利に新規取得

ログイン

(C)パーソル パ・リーグTV

浅村栄斗と中田翔のタイトル争いに注目【10/23パ・リーグ見どころ】

パ・リーグインサイト

福井優也は7試合目で今季初勝利なるか。浅村栄斗と中田翔のタイトル争いにも注目

 10月23日の18時から楽天生命パーク宮城で楽天イーグルスと北海道日本ハムの第22回戦が行われる。逆転でのCS進出へ向けて、負けられない戦いが続く両者による一戦の見どころを紹介する。

【今季対戦成績】
楽天イーグルス→10勝9敗2分
北海道日本ハム→9勝10敗2分

【楽天イーグルス】福井優也投手 6試合0勝4敗 25.2回 17奪三振、防御率5.26
【北海道日本ハム】マルティネス投手 15試合2勝6敗 65回 57奪三振、防御率4.57

 2位とは「4」ゲーム差の楽天。先発の福井優也投手は、今季ここまで白星はないものの、北海道日本ハム相手に対しては防御率3.38とまずまずの数字を残している。9月6日以来の一軍登板で快投を見せ、望みをつなげるか。一方北海道日本ハムの先発はマルティネス投手。前回登板した15日の埼玉西武戦では6回3失点の好投で久しぶりの白星をつかんだ。8日の登板では4回途中4失点と悔しい投球になった楽天相手に、リベンジのマウンドを期待したい。

 打線では、打撃タイトルを争う2選手に注目。楽天・浅村栄斗選手は、ここまで31本塁打を放ちリーグトップ。だが、これに迫るのが北海道日本ハム・中田翔選手だ。22日の試合では30号ソロを放ち、その差はついに「1」に。また、打点王争いでは中田選手が102打点でトップ、浅村選手が99打点で追いかけるなど目が離せない。両チームの主砲による本塁打合戦にも期待したいところだ。

11連勝中の鷹は石川柊太が先発。逆転CSを狙う埼玉西武の先発は今井達也

福岡ソフトバンクホークス・石川柊太投手 福岡ソフトバンクホークス・石川柊太投手 (C)パーソル パ・リーグTV

 10月23日の18時からPayPayドームで福岡ソフトバンクと埼玉西武の第18回戦が行われる。11連勝を飾り、優勝へ向かう福岡ソフトバンク。一方の埼玉西武は、前カードで連日のサヨナラを飾るなど、連勝を「4」に伸ばし敵地に乗り込む。勢いに乗る両者の一戦の見どころを紹介する。

【今季対戦成績】
福岡ソフトバンク→8勝8敗1分
埼玉西武→8勝8敗1分

【福岡ソフトバンク】石川柊太投手 15試合8勝3敗 95.2回 90奪三振、防御率2.63
【埼玉西武】今井達也投手 17試合3勝3敗 55.2回 41奪三振、防御率5.50

 福岡ソフトバンクは石川柊太投手が先発。10月15日の前回登板では、5回83球3安打5四死球2失点の内容で、自身2連勝を飾った。チームトップタイの勝利数を挙げている右腕は、本拠地で9勝目をつかめるか。援護したい打線は周東佑京選手に注目。現在5打席連続安打を放ち、盗塁数は42と圧巻の数字。23日の試合も打撃と足でチームの優勝へ、駆け抜けたい。

 埼玉西武の先発は今井達也投手。前回登板した16日のオリックス戦では、6回途中101球2安打6四球1失点と課題が残る結果になった。福岡ソフトバンク戦は今季3試合に登板して、防御率10.13という数字。敵地で悪いイメージを払しょくして4勝目を手にしたい。打線は外崎修汰選手に注目だ。22日の試合では猛打賞、直近3試合では10打数5安打の活躍でチームの連勝にも大きく貢献している。23日の試合でも勝利へ導く決勝打に期待したい。

オリックスは山岡泰輔が先発。千葉ロッテは自身6連勝中の二木康太で連敗ストップへ

千葉ロッテマリーンズ・二木康太投手 千葉ロッテマリーンズ・二木康太投手 (C)パーソル パ・リーグTV

 10月23日の18時から京セラドーム大阪でオリックスと千葉ロッテの第21回戦が行われる。前カードを1勝1敗1分で終えたオリックスと、3位に「3」差と迫られた千葉ロッテのカード初戦。見どころを紹介する。

【今季対戦成績】
オリックス→3勝16敗1分
千葉ロッテ→16勝3敗1分

【オリックス】山岡泰輔投手 10試合2勝5敗 55回 50奪三振、防御率2.78
【千葉ロッテ】二木康太投手 12試合7勝2敗 76.1回 62奪三振、防御率3.07

 オリックスの先発は山岡泰輔投手。千葉ロッテとの前回対戦では、6回3安打2失点の力投も、打線がわずか1安打に終わり黒星を喫した。9月以降は7試合に登板し、毎試合6イニング以上を投げて試合を作っている。多彩な変化球でマリーンズ打線を翻弄し、勝ち星を手にすることができるか。打線はジョーンズ選手に注目。22日の試合では、反撃の3ランを含む2安打を放ち、存在感を見せた。今試合も流れを引き寄せる一発で山岡投手を援護したい。

 千葉ロッテは二木康太投手がマウンドへ。オリックスとの前回対戦では、9回3安打無死四球無失点で完封勝利を挙げた。今季のオリックス戦は4試合で3勝0敗、防御率2.20と好相性なだけに、不調が続くチームを勝利に導きたいところ。打線は藤岡裕大選手と藤原恭大選手に期待だ。22日の試合では藤岡選手が4打数3安打2打点の活躍。1番での起用が続く藤原恭大選手も猛打賞とチームをけん引している。3連敗から心機一転、カード初戦を制し嫌な流れを打ち切りたい。

試合が再開した千葉ロッテは高部瑛斗に期待! 23日は3試合を配信予定

千葉ロッテマリーンズ・高部瑛斗選手 千葉ロッテマリーンズ・高部瑛斗選手 (C)パーソル パ・リーグTV

 イースタン・リーグ公式戦、千葉ロッテ対巨人第13回戦はロッテ浦和球場で12時30分から行われる。20日の横浜DeNA戦から試合が再開された千葉ロッテは久しぶりの本拠地でのゲーム。再開後の3連戦ではルーキーの高部瑛斗選手が2試合でマルチ安打と奮闘した。一軍ではプロ初安打を放ちながらもレギュラー奪取とはいかなかった。その悔しさをバネにファーム最終盤でどのようなプレーを見せてくれるか。

【今季対戦成績】
千葉ロッテ→4勝7敗1
巨人→7勝4敗1分

北海道日本ハムは鎌ケ谷で6試合を残すのみ

 イースタン・リーグ公式戦、北海道日本ハム対横浜DeNA第11回戦はファイターズ鎌ケ谷スタジアムで12時30分から行われる。今シーズンも本拠地での6試合のみとなった北海道日本ハム。注目は22日の試合で途中出場ながら2安打1盗塁と俊足を活かした育成の宮田輝星選手だ。来シーズンの支配下昇格のために鎌ケ谷で思い切りよいプレーを見せてほしい。

【今季対戦成績】
北海道日本ハム→5勝5敗
横浜DeNA→5勝5敗

売り出し中の3年目・高木渉

 イースタン・リーグ公式戦、埼玉西武対東京ヤクルトの第15回戦は、CAR3219フィールドで12時30分から行われる。10月16日以来の公式戦に臨む埼玉西武では、高木渉選手に注目。今季は45試合で打率.253、9本塁打23打点の成績をマークしている。一軍の舞台でもプロ初安打、初本塁打を放った売り出し中の若獅子に、今試合も期待が高まる。

【今季対戦成績】
埼玉西武→5勝8敗1分
東京ヤクルト→8勝5敗1分

関連リンク

クラブ名
パ・リーグインサイト
クラブ説明文

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント