IDでもっと便利に新規取得

ログイン

N.O.ARDIJA

【大宮アルディージャ】みんなのシン・みつプロジェクト『あおぞら子ども食堂withアルハロ 』を開催

大宮アルディージャ

 10月18日(日)、Jリーグ社会連携本部が推進する 「シャレン!(社会連携活動)」の一環として、「みんなのシン・みつプロジェクト」『あおぞら子ども食堂 withアルハロ』を実施しました。

 大宮アルディージャでは 「みんなのシン・みつプロジェクト」の推進を通じて、「子どもの貧困対策」だけでなく「地域交流拠点」としての機能を有する子ども食堂を支援し、地域の子どもたちの健全育成への寄与、子育てしやすい安全な地域づくりを目指した活動となることを目的としています。

 本イベントは「さいたま市子ども食堂ネットワーク」をはじめ、パートナー企業各社の皆さま、さいたま市内の子ども食堂に登録している方などを対象に開催し、19組のご家族、39名の子どもたちが参加しました。

 当日はスポーツに快適な秋晴れに恵まれました。「ふれあいサッカー」では、サッカー未経験者の子どもたちもたくさんいましたが、一生懸命にボールを追いかけ、ゴールの瞬間は初めて会ったお友だちとも一緒に喜び合うなど、ピッチ上にはたくさんの笑顔が弾けていました。

 サッカーを楽しんだ後は、「あおぞらランチ」を実施。コート内で各家族ごとに食卓を囲み、「埼玉県産 黒豚肉」(提供:関東食株式会社)や 「特別栽培米 コシヒカリ」(提供:さいたま農業協同組合[JAさいたま])で作られたおいしい豚丼をいただきました。

 ランチ後は、子どもたちが好みのコスチュームに仮装してハロウィンパーティーを楽しみ、さいたま市子ども食堂ネットワークでは恒例となっている変顔選手権で記念撮影を実施し、優勝者にはアルディージャグッズをプレゼントしました。最後に、お菓子(提供:株式会社明治)と、ハロウィンかぼちゃ(提供:さいたま農業協同組合[JAさいたま])をお土産として配布し、笑顔でお別れして終了となりました。


■主催:さいたま市子ども食堂ネットワーク

■共催:大宮アルディージャ

■協賛:関東食糧株式会社、さいたま農業協同組合(JAさいたま)、株式会社明治

■協力:Jリーグ社会連携本部、NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ、埼玉県

■本活動において該当するSDGs項目:(1)貧困をなくそう、(2)飢餓をゼロに、(3)すべての人に健康と福祉を、(11)住み続けられるまちづくりを、(17)パートナーシップで目標を達成しよう

※シャレン! (社会連携活動)
社会課題や共通のテーマ教育、ダイバーシティ、まちづくり、健康、世代間交流 などに、地域の人・企業や団体営利・非営利問わず・自治体・学校などとJリーグやJクラブが連携して、取り組む活動。

※「みんなのシン・みつプロジェクト」
新しい生活様式が求められる中、新しいつながりや居場所のあり方について、広く社会に提案するJリーグ社会連携本部、NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえのコラボレーション事業。「三密が好きなんよぉ」という子ども食堂に来る男の子の言葉に感化され、スポーツの力、Jリーグクラブの力を使い、子ども食堂の支援を通じて、物理的・身体的な「密」を避け、心理的な「親密」を生み出し、新しい密「シン・みつ」を共創することを目指す。

ピッチ上にはたくさんの笑顔が弾けていました ピッチ上にはたくさんの笑顔が弾けていました N.O.ARDIJA

サッカーを楽しんだ後は、「あおぞらランチ」を楽しみました サッカーを楽しんだ後は、「あおぞらランチ」を楽しみました N.O.ARDIJA

子どもたちが好みのコスチュームに仮装してハロウィンパーティー 子どもたちが好みのコスチュームに仮装してハロウィンパーティー N.O.ARDIJA

お菓子(提供:株式会社明治)と、ハロウィンかぼちゃ(提供:さいたま農業協同組合)をお土産に♪ お菓子(提供:株式会社明治)と、ハロウィンかぼちゃ(提供:さいたま農業協同組合)をお土産に♪ N.O.ARDIJA

関連リンク

クラブ名
大宮アルディージャ
クラブ説明文

1999年にJリーグへ参加。アルディージャは「リス」を意味するスペイン語。リスは大宮市(現さいたま市)のマスコット的存在で、地域に密着し、愛される存在となることを願ってつけられた。さいたま市西区にクラブハウス「オレンジキューブ」・アルディージャ練習場があり、ホームスタジアムであるNACK5スタジアム大宮は、日本最古のサッカー専用スタジアム。クラブマスコットはアルディとミーヤ。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント