IDでもっと便利に新規取得

ログイン

(C)LaLiga

エル・クラシコで共演する次世代のクラック、ファティとビニシウス

ラ・リーガ公式

10月24日にカンプノウで行われるエル・クラシコにて、フットボール界に現れた二人の若きスーパースターが共演する。クラシコでの初先発が予想されるバルセロナのアンス・ファティと、昨季のクラシコで決定的な役割を果たしたレアル・マドリーのビニシウス・ジュニオールだ。

3月にサンティアゴ・ベルナベウで行われた前回のクラシコは、20歳のブラジル人FWにとってキャリアで最も重要な一戦の一つとなった。

0ー0で迎えた71分。トニ・クロースの縦パスを受けてペナルティーエリア内に侵入したビニシウスのシュートは、飛び込んだジェラール・ピケの足をかすめてゴールネットを揺らした。このゴールをベンチから眺めていたファティは終盤に途中出場したが、0ー2の敗戦を覆すための時間は残されていなかった。

前回のクラシコはビニシウスが先制点、マリアーノが終了間際に追加点を決め、2ー0でレアル・マドリーが制した 前回のクラシコはビニシウスが先制点、マリアーノが終了間際に追加点を決め、2ー0でレアル・マドリーが制した (C)LaLiga

リオネル・メッシら複数のFWが不在だった昨年8月。ラ・マシア出身のファティは、エルネスト・バルベルデ監督の手によりバルセロナ史上2番目に若い16歳と298日でのラ・リーガ・サンタンデールデビューを果たした。

ラ・リーガ初ゴールはデビュー2戦目のオサスナ戦で、クラブ史上最年少記録を更新する16歳と304日でゴールネットを揺らした。昨年12月のインテル戦ではチャンピオンズリーグ史上最年少ゴールも記録。今年9月にはスペイン代表でデビューし、同国の最年少ゴール記録を95年ぶりに更新している。

今季はビジャレアルとのシーズン初戦で2ゴールを挙げると、続くセルタ戦でも2戦連発となる先制点を獲得。昨季のデビューから27戦目にして、17歳のうちにラ・リーガ通算10ゴールに到達してしまった。

第3節セルタ戦で2戦連発となる先制点を決めたファティ 第3節セルタ戦で2戦連発となる先制点を決めたファティ (C)LaLiga

ファティより2つ年上のビニシウスもまた、驚くべきスピードでエリートへの階段を駆け上ってきた。2018年夏にレアル・マドリーへやってきた時点では、Bチームのカスティージャで経験を積む予定だったが、彼の突出した個人能力はほどなくトップチームへの扉をこじ開けた。失意のシーズンを送っていたレアル・マドリーの中で、彼の驚くべきプレーリズムと大胆なドリブル突破はすぐにファンを魅了するようになった。

昨季はシーズン初ゴールを挙げた第6節オサスナ戦から貴重な先制点となるPKを獲得した30節レアル・ソシエダ戦まで、クラシコ以外にもシーズンを通して随所に重要な役割を果たし、タイトル獲得に貢献した。今季も途中出場で決勝点を挙げた4節バジャドリー戦に続き、5節レバンテ戦で自身初の2戦連発となる先制点を記録している。

ビニシウスは5節レバンテ戦で自身初の2試合連続ゴールを記録 ビニシウスは5節レバンテ戦で自身初の2試合連続ゴールを記録 (C)LaLiga

攻撃陣に豊富なタレントを揃えるバルセロナやレアル・マドリーにおいて、彼らほど短期間のうちに強烈なインパクトをもたらした若手はわずかしかいない。その中でファティとビニシウスは、若くしてトップレベルでも違いを作り出せる選手であることを証明し続けている。

それぞれのチームで欠かせない存在となりつつある2人は、今や世界中のフットボールファンから注目されるようになっている。24日のクラシコは、両クラブの次代を担う彼らがまた一歩スターダムへと近づくための、新たなチャンスとなるはずだ。

関連リンク

クラブ名
ラ・リーガ公式
クラブ説明文

ラ・リーガ公式サイトです。最新ニュース、各クラブの情報やデータをご覧ください。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント