IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Copyright © ALVARK TOKYO . All Rights Reserved

【アルバルク東京】2020年10月17日(土)横浜ビー・コルセアーズ戦 ゲームレポート

アルバルク東京

いつもアルバルク東京へのご声援ありがとうございます。

本日10月17日(土)アウェー・横浜国際プール(神奈川県)にて開催された横浜ビー・コルセアーズ戦は、試合開始からアグレッシブなディフェンスでペースを握り第1クォーターで7点リードを奪いました。第2クォーターは中盤までお互いに得点を伸ばしましたが、終盤にブロックショットやスティールなどで横浜の得点を抑え、#3 安藤選手の前半終了間際にバスカンを決め13点リードで終えました。
後半も強度の高いディフェンスで相手に主導権を渡すことなく試合を進め、4本の3Pシュートなどで効率的に得点を重ね、第4クォーターもインテンシティレベルが落ちることなくプレーを続け、残り2分46秒には約1年ぶりに#1 小島選手がコートに復帰し、残り33秒に3Pシュートを成功させ最終スコア83-57で勝利しました!

<スコア>
アルバルク東京 83-57 横浜ビー・コルセアーズ
(第1Q:21-14、第2Q:18-12、第3Q:21-13、第4Q:23-18)

リーグ戦通算成績:4勝1敗

<試合レポート>

Copyright © ALVARK TOKYO . All Rights Reserved

第1Q:
最初のオフェンスで#3 安藤選手が得点を奪い、#15 竹内選手の3Pシュートや#13 菊地選手のバスカンで先にペースを握る。中盤以降もディフェンスにフォーカスしながらも#11 須田選手の3Pシュート、#10 ザック選手のミドルシュートなどで加点し終了。

Copyright © ALVARK TOKYO . All Rights Reserved

第2Q:
開始直後に横浜に3Pシュートを許すが、すぐに#24 田中選手が3Pシュートを決め返す。お互いに得点を重ねる展開になるが、#33 バローン選手のブロックやチームディフェンスからのスティールでイージーな得点を与えず前半終了。

Copyright © ALVARK TOKYO . All Rights Reserved

第3Q:
後半も#53 カーク選手のフリースローとミドルシュートで先手を奪う。強度の高いディフェンスで横浜のミスを誘いリズムを狂わせる。オフェンスでは4本の3Pシュートを成功させるなど効果的に得点を伸ばしリードして終了。

Copyright © ALVARK TOKYO . All Rights Reserved

第4Q:
第4クォーターも序盤から#3 安藤選手、#53 カーク選手を中心に得点を重ねる。中盤も#1 小島選手の3Pシュートや#11 須田選手のミドルシュートなどでリードを広げる。最後までディフェンスの集中力も落とす事なく勝利を手にする。

<主なスタッツ速報版>
得点:#3 安藤選手16点、#53 カーク選手14点、#24 田中選手13点
リバウンド:#53 カーク選手7本、#33 バローン選手5本
アシスト:#53 カーク選手4本、#26 津山選手4本

◆BOXスコア:
https://www.bleague.jp/game_detail/?ScheduleKey=5902

◆見逃し配信:
https://basketball.mb.softbank.jp/lives/5902

<ヘッドコーチ・選手コメント>
◆ルカHCコメント
まずはこのような状況でも試合ができていることにとても感謝しています。今日の試合は、両チームがまだ完全に整っていない状況でのプレーになりました。その中で、チームとしての成熟度の部分で自分たちにアドバンテージがあったと考えています。そのアドバンテージを使ってしっかり勝利に繋げることができました。
ディフェンスのキーポイントとして、横浜のセカンドチャンスポイント、ファーストブレイクからの得点とベクトン選手のインサイドを抑えることでした、ベクトン選手にはやられてしまう時間帯もあったので、そこは修正して明日の試合に臨みたいと思います。

◆#1 小島選手コメント
久しぶりにコートに立つことができて懐かしい感じがしました。(試合に出る時に)ファンの皆さんからの応援や拍手は本当に嬉しかったですし、感謝しかありません。まだパフォーマンスは完璧ではないですし、もっと自分をみせられるようにしっかりと準備をして試合に挑みたいと思うので、これからも応援をよろしくお願いします。

◆#13 菊地選手コメント
横浜は出場している5人全員が走り、アグレッシブにくるチームなので、試合の出だしから受け身にならず、自分たちのペースに持ってくるために相手以上に走ることを意識してプレーしました。自分たちはディフェンスを主体にしているチームなので、まずは個々がマッチアップしている選手に対して責任を持って守ることで横浜のオフェンスを分断できたと思います。
小島選手は昨シーズンの最初にケガをしてしまって、きついリハビリをやっているのも見てきたので、今日の試合でコートに立ったことは非常に感慨深いものがありました。

明日10/18(日)もアウェー・横浜国際プール(神奈川県)にて横浜ビー・コルセアーズと対戦します。引き続きアルバルク東京への温かい声援をよろしくお願いします。

関連リンク

クラブ名
アルバルク東京
クラブ説明文

プロバスケットボールリーグ・B.LEAGUE所属のアルバルク東京の公式サイトです。 チームの最新ニュースやイベント、チケット、オフィシャルグッズなど様々な情報をお届けします。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント