IDでもっと便利に新規取得

ログイン

(C)FC Barcelona

オランダの系譜を継ぎ、新たな歴史を刻んだセルジーニョ・デスト

ラ・リーガ公式

総額2600万ユーロの移籍金でアヤックスから獲得したセルジーニョ・デストは、バルセロナのロナルド・クーマン監督が待ち望んでいた新戦力だ。実際に招集することはできなかったものの、19歳の右サイドバックはクーマンがオランダ代表監督時代から高く評価し、指揮下に置くことを望んできた選手だった。

デストはオランダのアルメレで生まれ育ち、2012年にアヤックスの下部組織に引き抜かれた。オランダ代表を選ぶこともできたが、彼はユース年代から父親の母国であるアメリカ代表としてプレーしてきた。2019年にはU20ワールドカップポーランド大会でベスト8進出に貢献し、アメリカのベストヤングプレーヤーに選ばれている。

(C)FC Barcelona

アヤックスでのトップチームデビューは2019年7月、オランダのスーパーカップに当たるヨハン・クライフ・スハールのPSVアイントホーフェン戦だった。本職ではない左サイドバックでフル出場した彼は2ー0の勝利に貢献しただけでなく、ゴールポストを直撃する惜しいシュートも放っている。

強豪相手のデビュー戦で強烈なインパクトを残した彼はすぐに右サイドバックの定位置を掴み、ヨーロッパ中のビッグクラブから注目を集めはじめた。最終的にアヤックスでは1シーズンちょっとの間に38試合出場5アシストの記録を残し、ネルソン・セメドの後釜を探していたバルセロナに移籍することになった。

デストの獲得に際し、クーマンは記者会見で次のようにコメントしている。

「彼はバルセロナにとって非常に有用な選手になる。若いタレントを抱えることはクラブにとって重要なこと。デストは若くしてプロの試合を積み重ね、チャンピオンズリーグも経験している」

指揮官が言う通り、彼は昨季のチャンピオンズリーグで5試合に出場しているが、ヨーロッパ最高峰の舞台においても緊張するようなことは一切なかった。その点について本人はESPNのインタビューの中で次のように語っている。

「フットボールの試合で神経質になってはいけない。そうなれば妙なことをやらかしてしまうからね。もし今、誰かが自分にプレッシャーをかけようと背後から駆け寄ってきたとしても、そのことを肝に命じておくつもりだよ」

(C)FC Barcelona

ヨーロッパ最大のスタジアムであるカンプノウでは、毎試合大きな重圧を背負いながらプレーすることになる。だがデストをよく知る人々は、彼がプレッシャーに負けることなく、ラ・リーガ・サンタンデールで持てる力を発揮できると信じている。

バルセロナではオランダ人の系譜を受け継ぐことになる。過去にバルセロナで公式戦に出場した20人のオランダ人選手の中には、ヨハン・クライフのようなレジェンドから現監督のクーマン、そして昨季に加入したフレンキー・デヨンクらが含まれる。

デストはまた、バルセロナ史上初めてトップチームの公式戦に出場したアメリカ人選手として歴史に名を刻んだ。今夏トップチームのプレシーズンに参加し、親善試合にも出場したBチーム所属のアメリカ人アタッカー、コンラッド・デラフエンテはU20代表のチームメートでもあり、今年3月のフランス戦ではデストのアシストからコンラッドがゴールを決めている。

カタルーニャにやってきた彼は、今後そのようなプレーをカンプノウのピッチで何度も見せてくれるはずだ。

関連リンク

クラブ名
ラ・リーガ公式
クラブ説明文

ラ・リーガ公式サイトです。最新ニュース、各クラブの情報やデータをご覧ください。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント