IDでもっと便利に新規取得

ログイン

©RealBetis

ベティス、バレンシア相手に快勝 (0-2)

レアル・ベティス

充実した内容のベティス。3試合ぶりの白星を敵地で獲得。

 ここ最近、2連敗のベティス。ラ・リーガ第5節はバレンシアCFとアウェイ、メスタージャで対戦。この試合でペレグリーニ監督はボランチに、トップ下が専業のカナレスを抜擢。またジョーカー的存在のテージョを先発で起用し、暫定3位のバレンシアに挑んだ。

 前半19分、フェキル、エメルソンがバレンシアのペナルティーエリアでボールをキープし、最後はホアキンがバイタルエリアのカナレスにパス。スペイン代表に復帰した10番はファーストタッチでボールを浮かし相手をかわすと、右足を一閃。リフレクションしたボールが左隅のネットを揺らし、アウェイのベティスが先制に成功する。

 その後もベティスは十八番のポゼッションを披露し、前半をリードして終える。
 
 後半、テージョのアーリークロスや直接FK等、フェキルにチャンスが訪れるもフランス代表MFはネットを揺らすことができない。それでもベティスは敵陣でボールを回し、危なげない試合運びを見せる。
 
 すると74分。中盤でボールを奪ったベティスはホアキンがドリブルで独走。アンカーのコンドグビアを抜き去ると、テージョにボールが流れる。この試合に抜擢されたテージョがしっかりとネットを揺らし、2-0。試合を決定づける。
 
 枠内シュート2本のバレンシアに比べ8本と終始相手を圧倒したベティス。3試合ぶりに白星を手にした。

[出場選手]
ベティス:ジョエル・ロブレス、エメルソン、バルトラ、シドネイ、アレックス・モレノ、ギド・ロドリゲス、カナレス、ホアキン(W・カルバーリョ 81’)、フェキル(グアルダード 90+2’)、テージョ(フアンミ 90+2’)、サナブリア(イグレシアス 86’)

バレンシアCF:ドメネチ、コレイア、コンドグビア(カルロス・ソレール 81’)、ゲデス(アレハンドロ・サンチェス 56’)、ガメイロ(バジェホ 81’)、ディアカビ、ホセ・ガヤ、ウーゴ・ギジャモン、ダニエル・ヴァス、マキシミリアーノ・ゴメス、ジェイソン(イ・カンイン 56’)

[ゴール]
1-0 カナレス(19’)
2-0 テージョ(74’)

先制点を決めたスペイン代表のカナレス 先制点を決めたスペイン代表のカナレス ©RealBetis

関連リンク

クラブ名
レアル・ベティス
クラブ説明文

レアル・ベティス・バロンピエは、1907年9月12日に誕生し110年以上の歴史を持つスペインのサッカークラブです。スペインのアンダルシア州セビリアに本拠地を置き、スペインリーグ1部(ラ・リーガ・サンタンデール)に所属しています。スペインのクラブで4番目に多いファンクラブ数(450以上)を誇るスペイン屈指の名門は、1934-35シーズンに1部リーグ優勝、1976-77と2004-05シーズンにスペイン国王杯を獲得し、その人気はヨーロッパのみならず、アメリカやオーストラリアにも広がっています。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント