IDでもっと便利に新規取得

ログイン

(C)BOATRACE

【BOATRACE】ドリーム戦制した白井英治を筆頭に地元勢が躍動 徳山ダイヤモンドカップ

BOATRACE

 ボートレース徳山(山口県)の「G1ダイヤモンドカップ」は24日、2日目を開催した。ドリーム戦の第2弾が12Rで行われ、初日4着2本と不本意な船出だった地元の白井英治【写真上】がイン速攻で快勝。初日に悪かったモーター気配も、シリンダー、キャリアボデーなどの部品交換により、「全体的に良くなった」と上向き。このまま勢いに乗りそうな雰囲気になっている。そのドリーム戦、2着には池田浩二、3着には篠崎仁志が入り、荒れた初日とは一転、本命サイドでの決着となった。

 2日目は白井以外の地元山口勢も大活躍した。大峯豊【写真下】がイン速攻とカドまくりで連勝ゴールを飾ったほか、原田篤志が2、1着、谷村一哉が1、2着と反撃開始。さらに初日白星の竹田辰也も1、3着と好走して3戦2勝。2日目終了時点での得点率は8.67でトップに立っている。初日のドリーム戦で3着に敗れていたレジェンド今村豊は4、2着と未勝利ながらも手堅くまとめて得点率は7.00と準優ペースに乗っている。

(C)BOATRACE

 その一方で、初日のドリーム戦で2着に食い込んだ寺田祥は5、4着とまさかの苦戦。3日目は5Rの3号艇と12Rの1号艇で登場するが、1日早い勝負駆けになりそう。吉村正明も寺田と星内容は全く同じで5、2、4着。まだまだ予選突破の可能性は十分あるので、寺田同様、1日早い勝負駆けから目が離せない。森永隆も計算上は予選突破の可能性を残しており、諦めない走りに期待したいところだ。

 なお、初日の太田和美に続いて、2日目は6Rで権藤俊光、瓜生正義、松尾拓の3人がFに散った。権藤はインからコンマ12の非常識なFにより帰郷。3日目から齊藤優、抹香雄三、池田剛規の3人が追加参戦する。

関連リンク

クラブ名
BOATRACE
クラブ説明文

BOATRACEオフィシャルウェブは、ボートレースに関する数多くのお役立ち情報を提供しているポータルサイトです。 レースの開催日程をはじめ、速報性のあるNEWS情報、初心者にも分かりやすいボートレースの楽しみ方、 過去の記録をまとめたデータ集など初心者~既にファンの皆様までどなたにも活用していただけるウェブサイトとなっております。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント