IDでもっと便利に新規取得

ログイン

SAL編集部

【フットサル日本代表/WEB取材】アジア選手権を3カ月後に控え、キャプテンの吉川智貴は敗戦をどう受け止めているか。「今日の試合に一切言い訳はない」

SAL

日本代表は16日、千葉県の高円宮記念JFA夢フィールドでバルドラール浦安とトレーニングマッチを行った。結果は、一時2-1でリードしながら3-4と逆転負け。

試合後、キャプテンとして代表チームの先頭に立つ吉川智貴のオンラインの取材が行われた。

自分たちの攻撃の良さを全く出せていなかった

──長岡のタイ代表との親善試合でも、試合の入りが悪かった。どのような要因があったと捉えていますか?

正直なところ、まだはっきりとした答えをもっていません。練習試合だからといってモチベーションが低かったわけではないし、気持ちを入れていいアップもできていました。少し、自分たちが落ち着かないといけないところで落ち着けずに相手のリズムでやってしまったことが大きな原因かもしれません。映像を振り返ってしっかりと答えを見つけたいと思います。

──得意としている前からのプレスができず、相手の方ができていた。アジアではプレスをどう生かせる?

アジアでは、今日のようなディフェンスのチームは正直少ないと思います。ハーフから引いたあたりから強いプレスをするチームが多いので、ラインの違いはありますが、今日は自分たちの攻撃の良さを全く出せていなかったです。ディフェンスは悪くはなかったですが、自分たちでボールを持って支配して、ゴールまでシュートまでいけるかに課題が残った。戦術的に何かが問題だったとは思っていません。

──代表戦は久しぶりで、体の重そうな選手や、連携が合わないシーンがあった。試合感がまだ戻っていない感覚があるのでしょうか。

それは特にないですね。正直、Fリーグも始まりましたし、自分たちは2試合もしている。少なくとも1試合はやっていますし、それまでにチームで各チームで練習試合をしているので影響しているかとは思いません。原因をそこに持っていくのは一番ダメだと思います。自分たちがダメだったところを反省して次に生かすだけかなと思います。

──試合後のフラッシュインタビューでは「アジアで同じ失敗をしないように」と話していました。キャプテンとしてチームメートにかけた言葉はありますか?

試合後は、監督との全体ミーティングでしたのでまだ全然話せていないです。ハーフタイムでは「実際に大会でこういった苦しい試合は必ずあると思うので、後半でしっかりと自分たちのフットサルをして盛り返そう、しっかりと逆転しよう」という話をしました。

──練習試合とはいえ、日本代表というトップレベルの選手が揃う選手が、クラブチームに負けてしまったことを後悔している中でどう受け止めていますか?

正直、悔しいですし、絶対に負けてはいけない相手だった。自分たちの不甲斐なさを痛感しています。しっかりと反省することが大事かなと思います。今日は言い訳は一切ないですし、ちゃんと戦って、その結果、負けました。次に生かしていくだけなんじゃないかなと思います。アジア選手権も3カ月後にありますから、今日の試合を反省して、ここから成長できればアジア選手権は大きな問題ではないと思う。みんな悔しい思いをしていると思います。

関連リンク

クラブ名
SAL
クラブ説明文

フットサルを見る・蹴る・着るという3つの視点から多角的に発信していくメディアです。見る人には、試合情報や技術・戦術などの競技の魅力、選手のキャラクターや物語を。蹴る人には、ボールを扱う喜びや仲間と蹴る爽快感を。着る人には、注目アイテムや、着こなしのアドバイスを。それぞれのニーズに合ったフットサル情報をお届けします。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント