IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020/5/30 京都11R 葵ステークス 1着 12番 ビアンフェ

中京開催のセントウルSで狙えるタイプは?

JRA-VAN

今週日曜は中山で京成杯AH、中京でセントウルSと2鞍の重賞が組まれている。セントウルSは例年阪神競馬場で施行されているが、今年は例外的に中京芝を舞台に行われる。今回のデータde出〜たでは、2015年以降における中京芝1200m戦(古馬2勝クラス以上)の傾向からセントウルSで馬券的に狙えるタイプを探っていきたい。なお、データ分析にはJRA-VAN DataLab.とTARGET frontier JVを利用した。

中京芝1200mの枠番別成績(2015年以降/古馬2勝クラス以上)

■表1 ■表1 中京芝1200mの枠番別成績(2015年以降/古馬2勝クラス以上)

まず表1は中京芝1200mの枠番別成績。2015年から今年の1回中京開催までにのべ42レース行われている。黄色で強調したように2枠と4枠に入った馬が複勝率30%以上と好成績をあげており、複勝回収率も100%を大きく超えている

内の1〜4枠で全体の3分の2にあたる28勝をあげている点にも注目。外の5〜8枠は勝率も低く、連対率でも軒並み10%以下にとどまっている。

中京芝1200mの脚質別成績(2015年以降/古馬2勝クラス以上)

■表2 ■表2 中京芝1200mの脚質別成績(2015年以降/古馬2勝クラス以上)

続いて表2は脚質別成績。逃げ馬が今春の高松宮記念におけるモズスーパーフレア(2着入線から繰り上がり1着)ら9勝をあげており、勝率21.4%と断然高い。複勝率も35.7%と高く、複勝回収率も100%を超えている。

先行馬も複勝率25.8%と逃げ馬に次いで高く、複勝回収率131%と優秀だ。なお、追い込み馬は複勝率9.2%と低く、狙いを立てるのは厳しい。

中京芝1200mの3角位置取り別成績(2015年以降/古馬2勝クラス以上)

■表3 ■表3 中京芝1200mの3角位置取り別成績(2015年以降/古馬2勝クラス以上)

表3は3コーナーでの位置取り別成績。中京芝1200mのスタートは向正面の中間にあり、3コーナーが最初のコーナーとなる。スタートから先頭争いを制して逃げた馬が3角1番手で、表2の逃げ馬と同じ数値となっている。

また、3角2〜3番手につけた馬は表2で示した先行馬よりも連対率で上回っている。3コーナーで先頭に立てるテンのスピードがある馬、また2〜3番手につけられるような先行力のある馬が狙いとして面白いタイプといえるだろう。

中京芝1200mの種牡馬別成績(2015年以降/古馬2勝クラス以上)

■表4 ■表4 中京芝1200mの種牡馬別成績(2015年以降/古馬2勝クラス以上)

表4は種牡馬別成績。ディープインパクト産駒が一昨年のCBC賞を制したアレスバローズら最多の6勝で、2勝以上あげている種牡馬の中では連対率・複勝率もトップだ。ただし、3着以内に好走した13頭中12頭は上位5番人気以内に支持されていた。

以下、アドマイヤムーン、サクラバクシンオー、マンハッタンカフェの各産駒が3勝ずつで続いている。なお、他の競馬場では勝ち星で上位に入っているダイワメジャー産駒、ロードカナロア産駒がどちらも未勝利。ダイワメジャー産駒は出走数最多にもかかわらず1連対のみ。ロードカナロア産駒はダイアトニックが高松宮記念で繰り上がり3着に入ったものの、ダノンスマッシュは高松宮記念を2戦してともに4着以下に敗れている。

中京芝1200mの馬体重別成績(2015年以降/古馬2勝クラス以上)

■表5 ■表5 中京芝1200mの馬体重別成績(2015年以降/古馬2勝クラス以上)

表5は出走時の馬体重別成績。黄色で強調した480キロ以上の複勝率が高く、いずれも21%を超えている。複勝回収率でも500〜519キロを除いて、すべて100%を超えている。

なお、480キロ未満は馬体重が軽くなるにつれ、複勝率も低くなる傾向にあり、420キロ未満の馬はいずれも着外に敗れていた

今年のセントウルSの出走予定馬(9/9時点)

■表6 ■表6 今年のセントウルSの出走予定馬(9/9時点)

今年のセントウルSの出走予定馬は表6のとおり。

<結論>

1番人気に推されそうなのがダノンスマッシュ。ただし、前述したように中京芝1200mでは高松宮記念で昨年4着、今年10着でともに馬券圏内に入れていない。2走前の京王杯SCでは勝利しているが、スローペースでの逃げ切りで本質的には左回りの1200mは合っていないと見る。前走の安田記念でも逃げているが、今回は他にテンに速い馬がいるため無理にハナには行かないだろう。中京コースでは結果が出ていないだけに、今回も懐疑的な見方をしたい。

これまでの中京芝1200m戦の傾向から3歳馬ビアンフェを筆頭に推したい。前走葵Sは斤量57キロを背負っての逃げ切り勝ち。古馬初対戦となるが、テンのスピードは今回のメンバーでも最も速いと見る。ハナに行けばしぶといタイプで、馬体重も前走558キロとかなり大型なのも表5から好材料だ。ビアンフェの逃げ粘りにまず期待したい。

また先行力があり、中京芝短距離で実績あるミスターメロディクリノガウディーの2頭も上位に推奨したい。ミスターメロディは昨年の高松宮記念でダノンスマッシュを破って勝利し、中京芝は2戦2勝。条件的にはベストで、狙い頃だろう。

クリノガウディーは今春の高松宮記念で1位入線も4着降着。成績にムラがあるタイプだが、中京芝では中京記念2着もあり、安定して走れている。前走関屋記念では18着と大敗しているが、距離短縮で一変しておかしくない。

他では「行った行った」の前残りになった場合にセイウンコウセイの先行力も侮れない。穴として注目しておきたい。

文:ケンタロウ(けんたろう)
1978年6月、鹿児島県生まれ。早稲田大学社会科学部卒業。初めて買った馬券が大当たりし、それから競馬にのめり込むように。データでは、開催日の馬場やコース適性に注目している。好きなタイプは逃げか追い込み。馬券は1着にこだわった単勝、馬単派。料理研究家ではない。

関連リンク

クラブ名
JRA-VAN
クラブ説明文

【JRA公式データ配信サービス】のJRA-VANは、PCやモバイルに向けて競馬予想に役立つデータや情報を提供しております。 重賞レースなどのオフィシャルコラムや、海外競馬情報、JRA-VANのイベント情報、お得なキャンペーンなど、あなたの競馬ライフを豊かにする情報をお届けします。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント