IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年9月2日の三島市立徳倉小学校訪問

ヤマハ発動機ジュビロが「レガシー授業」に参加

ヤマハ発動機ジュビロ

大戸主将らが三島市立徳倉小を訪問

 ヤマハ発動機ジュビロは今年度も静岡県・静岡県教育委員会と共にラグビーを通じた教育活動に参加します。

 昨年度はラグビーワールドカップの開催県としてラグビーへの理解を深めることを目的とした「ラグビー授業重点校訪問」として実施された活動でしたが、今年度は児童たちの体力向上をサポートする「ラグビー教育レガシー(遺産)」として活動が継続する運びとなりました。

 この「ラグビー教育レガシー(遺産)」活動は、昨年のラグビーワールドカップの感動やラグビー精神を次世代に継承するためのもので、ヤマハ選手たちが県内の学校を訪問し、楕円球のボールを使ったレクリエーションなどを児童たちと一緒になって行い、運動する楽しさや、仲間を作ることの喜びなどを伝えます。

 今年度は県内高校への訪問が加わり、御前崎市の池新田高校と、焼津市の清流館高校にて指導を行います。期間は9月から実施し、11月までの約3か月間に、県内の約30校を訪問する予定となっています。(昨年は72校を訪問)

 また、昨年度との違いとして、新型コロナウイルスの感染防止策があります。冒頭の挨拶では児童との距離を5m以上離し、実技指導の時間以外はマスクを着用。また授業を終えた後に好評だったハイタッチは今年は実施せず、感染拡大防止に努めます。

 さて、今年最初の訪問校となったのは三島市立徳倉小学校。明治6年、1873年創立の伝統ある小学校です。9月2日に藤井普及担当と大戸裕矢キャプテン、ゲリー・ラブスカフニ選手の3名が訪れ、小学5年生70名と校庭にて交流しました。

 約45分間の校庭での交流を終えると、大戸選手とラブスカフニ選手は校長室に移動し、お昼休みの校内放送に出演。リモート時代ならでは校内放送に両選手もビックリ。校内放送を通じて、大戸選手は「元気があれば何でもできる!みんなも大変な時期だけれど、好きな事を見つけて、元気な毎日を過ごしてください」と呼びかけました。

ラブスカフニ選手にアタック! ラブスカフニ選手にアタック! ヤマハ発動機ジュビロ

児童に指導する藤井普及担当と大戸選手 児童に指導する藤井普及担当と大戸選手 ヤマハ発動機ジュビロ

関連リンク

クラブ名
ヤマハ発動機ジュビロ
クラブ説明文

 ジャパンラグビートップリーグに参戦しているヤマハ発動機ジュビロの公式アカウントです。 静岡県磐田市ならびに県西部地域をホームエリアとし、ヤマハ発動機株式会社の理念でもある「感動創造」をモットーに活動しています。公式戦や強化試合などの情報や、選手プロフィールなど、様々な情報を公開中です。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント