IDでもっと便利に新規取得

ログイン

画像提供:パーソル パ・リーグTV

和田毅が7回途中0封で4勝目! 松田宣浩、柳田悠岐らが活躍した福岡ソフトバンクが快勝【8/12試合結果】

パ・リーグインサイト

 8月12日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクとオリックスの第8回戦は、福岡ソフトバンクが6対0で勝利。完封リレーで3連勝を飾った。

 試合序盤は福岡ソフトバンク・和田毅投手、オリックス・田嶋大樹投手による投手戦が繰り広げられ、4回まで両チーム合わせて2安打と静かな展開に。

 均衡を破ったのは福岡ソフトバンク。5回裏、川島慶三選手の安打や四球などで2死2、3塁とすると、9番・松田宣浩選手の適時打で2点を先制。打った松田選手は「チャンスだったし初球から積極的にいきました。ずっとチャンスで打ててなかったので、先制出来て良かったです」と振り返った。さらに6回裏には、3番・中村晃選手に適時打が生まれ、リードを3点に広げる。

 援護を受けた和田毅投手は好投を続け、7回途中3安打無死四球無失点で降板。2番手・高橋礼投手、3番手・泉圭輔投手も無失点でつなぐと、打線が7回裏に栗原陵矢選手の適時打、8回裏には松田宣選手、今宮健太選手に連続適時打が生まれ、3点を追加。6点リードの9回表は奥村政稔投手が無失点で締めて6対0で試合終了。

 勝利した福岡ソフトバンクは先発・和田毅投手が7回途中3安打5奪三振無四死球無失点で4勝目を手にした。打線も序盤は安打が出ずに苦しんだが、中盤以降の好機を逃さなかった。敗れたオリックスは先発・田嶋大樹投手は、中盤に崩れて6回途中5安打1四球3失点の内容で3敗目。打線も勢いに乗ることができず、4安打無得点に終わった。

  123456789 計
オ 000000000 0
ソ 00002112X 6

オ ●田嶋大樹-澤田圭佑-荒西祐大-齋藤綱記-小林慶祐
ソ ○和田毅-高橋礼-泉圭輔-奥村政稔

文・後藤万結子

関連リンク

クラブ名
パ・リーグインサイト
クラブ説明文

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント