IDでもっと便利に新規取得

ログイン

©San-En NeoPhoenix

【三遠ネオフェニックス】豊橋市内の中学生バスケットボール交流大会「フェニックスカップ2020」を開催しました!

三遠ネオフェニックス

新型コロナウイルスの影響により大会が中止となり、引退を余儀なくされたホームタウン豊橋市の中学生のために、地元プロスポーツクラブが自主大会を開催

いつも熱いアツいご声援をありがとうございます。

8月6日(木)、7日(金)に「3年間仲間とともに努力してきた集大成を披露する機会の提供」を目的とし、豊橋市内の中学生を対象とした交流大会「フェニックスカップ2020 〜コロナに負けない中3最後の夏〜」を開催いたしました。

©San-En NeoPhoenix

愛知県独自の緊急事態宣言が発出されるなど開催に際しましては、関係各所と連携をしっかりと取り、無事に開催できることになりました。
会場となった豊橋市総合体育館の入り口には、当大会に協賛いただいた神谷薬品株式会社さまよりお借りした顔認証機能付きサーモグラフィーカメラを設置。また会場内には至る所に消毒液を設置したり、参加選手や保護者の導線管理などを徹底し、感染防止策をしっかりと実施いたしました。

当日の運営は、保護者の皆さまや共催者である豊橋市、豊橋市体育協会の皆さま、学校の先生方など有志の皆さまによるボランティアスタッフによって行いましたが、全員が子どもたちのためにと知恵を出し合いながら会場を整えておりました。

©San-En NeoPhoenix

大会には男子11チーム106名、女子10チーム98名、合計21チーム204名の皆さんに参加いただきました。
練習もままならなかったとは思いますが、皆さんしっかりとコンディションを整えてきてくれました。

《男子》
高豊中学校
桜丘中学校
吉田方中学校
高師台中学校
スキッツJBBC
豊岡中学校
南部中学校
東部中学校
南稜中学校
牟呂・豊城中学校合同チーム
FSJ

《女子》
豊岡中学校
東陽中学校
南稜中学校
豊城中学校
桜丘中学校
吉田方中学校
北部中学校
高師台中学校
東部・中部・青陵・二川中学校合同チーム
青陵中学校2年生

©San-En NeoPhoenix

初日である8月6日(木)12時40分からは開会式が行われました。
主催者である三遠ネオフェニックスから代表の北郷謙二郎、そして練習の合間をぬって#4 寺園脩斗選手、#5 川嶋勇人選手、#11 岡田慎吾選手が激励に参加しました。

©San-En NeoPhoenix

佐原光一豊橋市長も公務の合間をぬって激励に訪れてくださいました。

©San-En NeoPhoenix

#4 寺園脩斗選手、#5 川嶋勇人選手、#11 岡田慎吾選手それぞれから参加してくれた204名の選手の皆さんに激励のメッセージを直接届けることができました。
川嶋選手の挨拶では笑顔がこぼれました。

©San-En NeoPhoenix

©San-En NeoPhoenix

そして当大会には11社の企業さまが協賛してくださいました。
協賛企業の皆さまの支援によってオリジナルTシャツが制作され、三遠ネオフェニックスの選手サイン入りTシャツを全員にプレゼントさせていただきました。全てのTシャツにサインが入っております。

©San-En NeoPhoenix

《協賛企業のご紹介》
・神谷薬品株式会社 https://www.kamiya-y.co.jp/
・黒松家餃子 https://kuromatsuyagyouza-toyohashi.gorp.jp/
・企業組合建築環境システム https://setsubikikaku.jp/
・株式会社創健 平成30年度「とよはしの匠」において「明日の匠」認定 ※三遠ネオフェニックス オフィシャルスポンサー
・大樹保険事務所 https://k-taiju.com/
・本の豊川堂 http://www.housendou.com/
・松屋地所株式会社 http://www.matsuya-g.jp/
・株式会社丸金商会 https://www.marukin.co.jp/ ※三遠ネオフェニックス オフィシャルスポンサー
・株式会社丸正 http://www.tees.ne.jp/~k-maru/
・宮川工機株式会社 https://www.miyagawakoki.co.jp/ ※三遠ネオフェニックス オフィシャルスポンサー
・株式会社ヤマウチ建材 https://www.yamauchi-kenzai.co.jp/

©San-En NeoPhoenix

この大会はあくまでも交流大会であり、全国大会が行われるわけでもありません。
ただ、3年間の努力であったり、目標であったり、夢を叶える場を突然奪われ引退となってしまう子どもたちのために、豊橋をホームタウンとする我々三遠ネオフェニックスが何を為すべきかと考えた末にたどり着いた一つの形です。
多くの賛同者が集まってくださり、大きな力となって、会場では選手たちが楽しそうにバスケットボールを楽しむ姿を見ることができました。

参加してくれたみんなにとって、新たなステージに進むきっかけになってくれればと願ってやみません。
そして、参加してくれたみんなには、バスケットボールを続ける人もいるでしょうし、辞める人もいるでしょう。
ただ、この先もずっとずっとバスケットボールは好きでいてほしいと願ってやみません。
参加してくれたみんなが大人になった時に、もしまた困難が訪れてしまったら、地域の未来を担う子どもたちのために正しいと思うことをみんなで力を合わせて乗り越えていってほしいと願ってやみません。

©San-En NeoPhoenix

©San-En NeoPhoenix

開催にあたり多大なる支援をいただいた関係者の皆さまに心より御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。
これからも我々三遠ネオフェニックスは「三遠地域を笑顔で活力ある街に!」すべく活動を続けてまいります。


《報道いただいたメディア》
バスケットボールスピリッツ 8月8日「Boys and Girls, Be Ambitious! 三遠が導く次へのステップ」
中日新聞 東三河版 8月7日
東愛知新聞 8月7日
東日新聞 8月7日
CATVティーズ 8月10日(月)「HOTステーション」にて放送予定 ※週末号8月15日、16日も放送予定

関連リンク

クラブ名
三遠ネオフェニックス
クラブ説明文

男子プロバスケットボールリーグB.LEAGUE1部に所属する三遠ネオフェニックスです。 愛知県豊橋市をホームタウンとし、愛知県東部の東三河地域を【三】、静岡県西部の遠州地域を【遠】とした 2つの県の垣根を越えて【三遠地域を笑顔で活力のある街に!】という理念のもと活動しております。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント