IDでもっと便利に新規取得

ログイン

©SEIBU Lions

CAR3219フィールドで躍動する若獅子たち【佐藤龍世/金子侑司】

埼玉西武ライオンズ

 CAR3219フィールドの左中間に向かって大きな弧を描き、打球はフェンスを越えていった。7月30日の対北海道日本ハム戦。4番に座った佐藤龍世は加藤投手から今季3号のソロホームランを放った。「ちょっとこすり気味でした。入るか不安でしたが、いってくれて良かったです」と白い歯をこぼした。打席では〝余裕〟がうかがえる2年目の佐藤だが、第2打席、第3打席はともにボール球を悠々と見送り四球で出塁。第4打席はレフト線への二塁打を放ち好調をキープ。佐藤は28日の試合でも3安打とバットは振れている。「ここ最近、だいぶ調子があがってきました。監督はじめ、スタッフの方々とずっと一緒にやってきている。その成果が出てきているのかなという感じです」と頷いた。

 佐藤は今の自身の状態について「あたたかくなってきて、体の切れが出た」と汗をぬぐいながらも、「タイミングもあっていますし、振る力がついてきていると思います」と大きな手ごたえを感じている。

 そしてファームの本拠地がCAR3219フィールドに生まれ変わったことも、佐藤のモチベーションの1つになっている。「球が見やすいです。土もきれいですし、ビジョンも大きくて、なんかテンションが上がります。野球をしていて気持ちがいいっす!」と笑った。一方で佐藤は今季の春季キャンプはA班としてスタート。仲の良い山川穂高らと陽が暮れ、寒くなるまで、宮崎・南郷スタジアムの室内練習場で連日打ち込む〝練習の虫〟と化していた。本来、佐藤がいる場所はここではない。

「すぐ一軍に上がれるように頑張っています。ぜひ応援よろしくお願いします」と直近の抱負を短い言葉に込めた。

調子上向きの金子侑司、ファームで左右に…

©SEIBU Lions

 7月30日の北海道日本ハム戦、金子侑司のバットに快音が戻ってきた。初回、左腕の加藤投手に対して右打席に入った金子は2球目をレフト前にはじき返すと、続く第2打席は右腕の石川投手に対して左打席に入り、今度はライト前にはじき返した。すかさず二盗を決め、足もアピール。これがファームでは実戦二試合目となった金子だが、前々日の28日は三打席連続三振に終わっていただけに、「気持ちが楽になりました」と胸をなでおろした。

 この試合を終えた、金子のコメントは以下のとおり。

〇金子侑司選手コメント
左右両打席で打てたのはよかった。久しぶりのヒットが出て安心しました。盗塁成功?まだ自分自身納得ができる走塁ではないですね。いい走りができるようにやっていきます。
1日でも早く一軍に上がることができるようにやっていきます」

関連リンク

クラブ名
埼玉西武ライオンズ
クラブ説明文

埼玉西武ライオンズに関する選手、イベント情報はもちろん、選手コラムやライオンズが取り組む活動についてもお届けいたします!週1〜2回を目途に公開いたしますのでお楽しみに!

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント