IDでもっと便利に新規取得

ログイン

(C)BOATRACE

【BOATRACE】篠崎仁志が前人未到のG2戦4勝目に王手! 大村誕生祭

BOATRACE

 ボートレース大村(長崎県)の「G2ボートレース発祥地記念・第24回モーターボート誕生祭」は1日、準優勝戦が行われ、ベスト6が出そろった。
 準優勝戦は1号艇トリオの逃げ3連発。ただ、10Rはイン先行した平尾崇典に続く2、3着争いが大接戦となり、6号艇の後藤翔之が2着に食い込んだことで3連単は万舟券(1万1520円)になった。

最終日12R、優勝戦の顔ぶれは次の通り。

1号艇 篠崎 仁志(福岡支部)
2号艇 平尾 崇典(岡山支部)
3号艇 中島 孝平(福井支部)
4号艇 上野真之介(佐賀支部)
5号艇 柳沢  一(愛知支部)
6号艇 後藤 翔之(東京支部)

 篠崎仁志【写真】、平尾崇典、中島孝平、柳沢一とSG覇者が4人。上野真之介と後藤翔之は勝てばG2戦以上のグレードレースは初制覇になる。

 篠崎は前走地の尼崎モーターボート大賞からのG2戦連覇に王手。2016年にも10月に唐津、11月に芦屋とG2戦を連続優勝したことがあり、優勝して年間G2戦2勝となれば、その時以来、史上4回目の快挙となる。

 さらにG2戦を3勝している選手は、引退選手も含めて登録番号順に木下青海、鵜飼菜穂子、植木通彦、今垣光太郎、松井繁、濱野谷憲吾、吉田拡郎、新田雄史、篠崎仁志、遠藤エミと10人もいるが、4勝した選手はまだ誰もいない。勝てば前人未到のG2戦4勝になる。

 2節前の下関(一般戦)からペラに手応えを感じ取り、尼崎(G2)は好モーターの裏付けもあって超抜パワー。今回はまた別の形を試しているようだが、これもピタリと正解が出て日々パワーアップ。イン戦の強さから考えても、優勝確率はかなり高そうだ。

 とはいえ、ライバルたちも手ごわい。特に平尾。誰の目にも節一仕立てなのだが、本人は決して認めない。平尾の中で超抜パワーの域には達していなのだろう。しかし、平尾は2コースであっても伸びがいい時はまくり勝負に出るタイプ。篠崎が平尾の奇襲まくりを受け止められるかどうかが、優勝戦の最大の見どころになりそうだ。

関連リンク

クラブ名
BOATRACE
クラブ説明文

BOATRACEオフィシャルウェブは、ボートレースに関する数多くのお役立ち情報を提供しているポータルサイトです。 レースの開催日程をはじめ、速報性のあるNEWS情報、初心者にも分かりやすいボートレースの楽しみ方、 過去の記録をまとめたデータ集など初心者~既にファンの皆様までどなたにも活用していただけるウェブサイトとなっております。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント