IDでもっと便利に新規取得

ログイン

VOREAS,INC.

【バレー】元日本代表キャプテン 越川優がヴォレアス北海道に加入!

ヴォレアス北海道

ビーチバレーとインドアの両立でバレーボール界の発展に貢献を誓う

プロバレーボールチーム「ヴォレアス北海道」を運営する株式会社VOREAS(本社:北海道旭川市、代表取締役社長:池田 憲士郎、以下「VOREAS」)は、ビーチバレーでプロとして活動中の越川優と契約締結することを決定した。


越川選手よりコメント

北海道の皆さま、ヴォレアス北海道のサポーターの皆さま、そして各社パートナーの皆さま、初めまして!この度ヴォレアス北海道に入団する事となりました、越川優と申します。ヴォレアスが目指す日本一のチーム、世界一のクラブに、一歩でも近付けるお手伝いが出来ればと思い入団する事を決意しました。

私も年齢は36歳とベテランの域に入ってきましたが、気持ちはまだまだ若い選手に負けるつもりはありません。まだまだ成長段階のこのクラブと共に、私個人としても、更に成長できるよう頑張っていきます。皆さま、今年こそV1昇格を果たすヴォレアス北海道と、越川優へのご声援よろしくお願いいたします。


選手プロフィール

越川 優 (コシカワ ユウ)
1984年6月30日 (36歳)
石川県金沢市出身
身長     189cm
体重     91kg
指高     243cm
最高到達点  347cm
ポジション  アウトサイドヒッター
背番号    0


経歴

高校卒業後、サントリーサンバーズ、イタリアセリエA、JTサンダーズ(現JTサンダーズ広島)などの所属経歴を持つ。

2002年、17歳史上最年少でパンパシフィック大会に初選出され優勝。主な代表歴として、2008年北京オリンピック出場や、二度の世界選手権出場。2005年のアジア選手権大会では10年振りの優勝を果たし、ベストスコアラーをも獲得。

また、Vリーグでは、三度の日本一に輝き、二度の大会MVPを始めとし、サーブ賞やベスト6など、数々の受賞歴も持つ。破壊力抜群の高速ジャンプサーブ、最高到達点3m47cmの高さを生かした強烈なスパイクが武器であった。現在は、2017年にプロビーチバレーボールプレイヤーに転向し、世界中で開催されるワールドツアーに参戦し活躍。2020年、昨今の情勢を鑑みて、バレーボール選手として何ができるのかを熟考した結果、インドアへの復帰となるヴォレアス北海道への入団を決意した。

今後は引き続き活動するビーチバレーだけでなく、3年ぶりに復帰となったインドアでのプレーと合わせて、自身を育ててくれたバレーボール界の発展に貢献することを目指す。

関連リンク

クラブ名
ヴォレアス北海道
クラブ説明文

北海道初のプロバレーボールチームとして2016年に誕生。「V.LEAGUE」に2017/18シーズンより参戦し初年度で優勝(3部リーグ)、2018-19シーズンにおいても連覇。2019-20シーズンはV.LEAGUE DIVISION2に参戦し、19勝1敗で2位の成績(リーグ戦打切りにより2試合未消化)。元日本代表の古田史郎を中心に個性的な選手が所属し、ヘッドコーチは世界各国で実績を積んだエド・クライン(クロアチア出身)が初年度から率いる。チームスローガンは「Children of the Revolution(革命の子ら)」。スローガン通りの革新的なアイディアと運営手法に定評がある。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント