IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新日本プロレスリング株式会社

【新日本プロレス】ヒロムが二冠王座に“肉薄”も最後はEVILが無法防衛!

新日本プロレスリング株式会社

EVILがヒロムに無法勝利!
内藤が悪の二冠王者に再戦要求!
鷹木はデスペラードに辛勝!
オカダは裕二郎をコブラクラッチ葬!


7月25日(土)、愛知・愛知県体育館(ドルフィンズアリーナ)で『SENGOKU LORD in NAGOYA』が行なわれ、王座戦を中心に激闘が繰り広げられた。

新日本プロレスリング株式会社

 メイン(第7試合)ではIWGPヘビー級&IWGPインターコンチネンタルの二冠王者であるEVILが、初防衛戦でIWGPジュニアヘビー級王者の高橋ヒロムを迎撃。序盤からディック東郷のアシストを受けたEVILは、ヒロムの首にダメージを蓄積させる。だが、ヒロムは“裏切り者”に対して徹底抗戦。終盤には掟破りのEVILからTIME BOMB、そしてTIME BOMB IIを決めるも、3カウントはディック東郷が阻止。ダーティーファイトで形勢逆転したEVILが、最後はEVILで王座防衛を果たした。
 試合後、石森太二がヒロムに追撃のブラディークロスを見舞い、IWGPジュニアヘビー挑戦をアピール。さらにBULLET CLUBがヒロムを蹂躙しようとしたところで、内藤哲也が登場。EVILに「その二本のベルト、そろそろ返してもらおうか」と宣戦布告した。

新日本プロレスリング株式会社

 第6試合はNEVER無差別級王者の鷹木信悟が、エル・デスペラードを相手に三度目の防衛戦。ベルトを盗難したデスペラードに対し、鷹木は序盤から怒りを爆発。だが、デスペラードは鉄柵とイスを用いて鷹木の左ヒザに大ダメージを与える。機動力を奪われた鷹木はピンチに追い込まれるも、意地を爆発。最後はラスト・オブ・ザ・ドラゴンで辛勝を収めた。

新日本プロレスリング株式会社

 第5試合はスペシャルシングルマッチ、オカダ・カズチカvs高橋裕二郎。因縁が勃発した両者による一騎打ちは、裕二郎が巧みなインサイドワークを駆使。外道の介入もあり、オカダは苦戦を強いられるも、最後は旋回式ツームストンパイルドライバーからの変形コブラクラッチで勝利。

新日本プロレスリング株式会社

 第4試合は本隊(棚橋弘至&飯伏幸太&永田裕志&天山広吉&マスター・ワト)と鈴木軍(タイチ&ザック・セイバーJr.&鈴木みのる&金丸義信&DOUKI)による10人タッグ。鈴木軍はダーティーファイトで試合を支配しようとするが、本隊も真っ向から応戦。最後はハイキックでDOUKIの動きを止めた飯伏が、カミゴェにつないで勝利。試合後、永田と鈴木は番外戦を展開。

新日本プロレスリング株式会社

 第3試合は後藤洋央紀&YOSHI-HASHI&SHOvs内藤哲也&SANADA&BUSHI。終盤、CHAOSはSANADAに集中攻撃。だが、L・I・Jは連携で一気にペースを変えると、最後はSANADAがSHOをSkull Endで仕留めた。

新日本プロレスリング株式会社

 第2試合は真壁刀義&小島聡&田口隆祐vs石井智宏&矢野通&ゲイブリエル・キッド。7.20後楽園で真壁に「荒々しいあなたをもう一度見せてくれ!」と訴えていたゲイブリエルは、序盤から気迫のこもった攻撃を繰り出す。だが、最後は真壁のジャーマンスープレックスの前に玉砕。

新日本プロレスリング株式会社

 第1試合は上村優也が石森太二にチャレンジ。『NEW JAPAN CUP』一回戦で石森に敗れている上村は、雪辱を果たすべく躍動。しかし、善戦及ばず石森がYes Lockでギブアップを奪った。

新日本プロレスリング株式会社

 また、今大会の第三試合終了後、8月29日に明治神宮野球で21年ぶりに大会が開催されることが発表された。

関連リンク

クラブ名
新日本プロレスリング株式会社
クラブ説明文

1972年3月6日に創業者のアントニオ猪木が旗揚げ。「キング・オブ・スポーツ」を旗頭にストロングスタイルを掲げ、1980年代-1990年代と一大ブームを巻き起こして、数多くの名選手を輩出した。2010年代以降は、棚橋弘至、中邑真輔、オカダ・カズチカらの台頭で再び隆盛を迎えて、現在は日本だけでなく海外からも多くのファンの支持を集めている。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント