IDでもっと便利に新規取得

ログイン

画像提供:パーソル パ・リーグTV

小島和哉が7回途中1失点で2勝目!井上晴哉の5号ソロで千葉ロッテが接戦を制す

パ・リーグインサイト

 7月22日、メットライフドームで行われた埼玉西武と千葉ロッテの第7回戦は、2対1で千葉ロッテが勝利。小島投手が粘りの投球で2勝目を挙げ、接戦を制した。

 試合が動いたのは5回表。千葉ロッテの8番・ 藤岡裕大選手がレフトへ二塁打を放つと、9番・ 柿沼友哉選手が犠打で続き1死3塁に。続く1番・岡大海選手が打席に立つと、埼玉西武先発・高橋光成投手の暴投の間にランナーが生還し、貴重な先制点を挙げる。

 続く6回表には5番・井上晴哉選手にバックスクリーンに飛び込む5号ソロが飛び出し1点を追加。リードを2点に広げる。

 援護を受けた千葉ロッテの先発・小島和哉投手は7回裏、先頭の中村剛也選手に二塁打を許すと、ゴロの間に1点を献上。その後、安打と四球で2死1、2塁としたところで降板し、松永昂大投手に後続を託す。

 リードする千葉ロッテは、8回裏にハーマン投手が2死2,3塁のピンチを迎えるも無失点で抑え、最終9回へ。最終9回裏は守護神・益田直也投手投手が無失点に抑えて試合終了。千葉ロッテが2対1で勝利した。

 勝利した千葉ロッテは小島投手が6.2回5安打3奪三振1失点と粘りの投球を披露し2勝目。接戦を制した。一方の敗れた埼玉西武は先発・高橋投手が7回8安打7奪三振2失点と力投を見せるも、打線にあと1本が出ず、援護することができなかった。

  123456789 計
ロ 000011000 2
西 000000100 1

ロ ○小島和哉-松永昂大-ハーマン-S益田直也
西 ●高橋光成-平井克典-伊藤翔

文・池田紗里

関連リンク

クラブ名
パ・リーグインサイト
クラブ説明文

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント