IDでもっと便利に新規取得

ログイン

画像提供:パーソル パ・リーグTV

千葉ロッテ・種市篤暉が7回2失点の好投で2勝目! 柿沼友哉が勝ち越し打【7/18試合結果】

パ・リーグインサイト

 7月18日、札幌ドームで行われた北海道日本ハムと千葉ロッテの第5回戦は、千葉ロッテが5対2で逆転勝利を収め、対戦成績を3勝2敗とした。

 千葉ロッテは初回、先頭の荻野貴司選手が内野安打で出塁すると、けん制悪送球で3塁に進塁。すると3番・清田育宏選手に適時二塁打が生まれ、1点を先制。

 さらに4回表には、5番・井上晴哉選手が死球を受けると、続く6番・中村奨吾選手は北海道日本ハムの2番手・村田透投手に対して二塁打を放ち、無死2、3塁とする。ここで7番・安田尚憲選手が手堅く犠飛を放つ。なおも1死1、2塁の好機で9番・柿沼友哉選手が適時二塁打を放ち、この回一挙3得点。7回表、2死から7番・安田選手が右翼席に飛び込む本塁打を放ちリードを広げる。

 序盤から援護を受けた千葉ロッテの先発・種市篤暉投手は2回裏に5番・横尾俊建選手、7番・渡邉諒選手の一発を浴びて2点を失うも、そこからは尻上がりに調子を上げ、4回以降は北海道日本ハム打線を無安打に抑える圧巻の投球を披露し、7回3安打2失点でマウンドを降りる。

 千葉ロッテが3点リードする展開で迎えた8回裏はハーマン投手が3者凡退に打ち取ると、最終9回裏は守護神・益田直也投手が危なげない投球で締めて試合終了。5対2で千葉ロッテが勝利を収めた。

 勝利した千葉ロッテは先発・種市篤暉投手が7回3安打2四球2失点の好投で2勝目を手にした。打線も、柿沼友哉選手のプロ初二塁打が貴重な勝ち越し打になるなど、打線がつながった。一方の敗れた北海道日本ハムは、6投手を起用する小刻みな継投策を展開するも、粘り切れなかった。打線も3回裏の石川亮選手のヒット以降は無安打に終わるなど貧打に苦しんだ。


  123456789 計
ロ 100300100 5
日 020000000 2

ロ ○種市篤暉-ハーマン-S益田直也
日 加藤貴之-●村田透-金子弌大-井口和朋-福田俊-吉田侑樹

文・後藤万結子

関連リンク

クラブ名
パ・リーグインサイト
クラブ説明文

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント