IDでもっと便利に新規取得

ログイン

(C)BOATRACE

【BOATRACE】ボートレース甲子園開幕!! 峰竜太は機歴平凡もエースボート

BOATRACE

 高校野球の「夏の甲子園」は中止になっても、ボートレースには甲子園大会がある。「G2第2回全国ボートレース甲子園」が福井県・坂井市のボートレース三国で7日、いよいよ初日を迎える。

 北海道から沖縄まで全ての出身レーサーを各都道府県ごとに分け、選考期間(昨年5月〜今年4月)における勝率上位5人のうちからSG競走の成績、獲得賞金等を総合的に勘案して代表1人ずつ、計47選手が選出された。さらに施行者推薦枠の5人と合わせ、合計52選手で優勝が競われる。

 昨年、初めて開催された第1回大会は、静岡県のボートレース浜名湖で行われ、大いに盛り上がった。選手紹介式では、静岡県代表の徳増秀樹が声高らかに選手宣誓を行い(今年は無観客レース)、優勝戦は石川県代表の今垣光太郎がハイパワーの4カドまくりを決めて、栄えある第1回覇者となった。

 今年の舞台は三国ボート。近くには芦原(あわら)温泉街があり、観光名所の1つ。水面は広大なのが特徴で、基本は逃げが決まりやすい。ただ、夏場は向かい風が強めに吹く時もあり、センター勢のまくりが浮上する。

 昨年大会と違うのは、今年は全国47都道府県の出身レーサーが、もれなく集結したこと。どの県にも代表選手がいる。郷土の誇りを胸に、いつもとはまた違った思いで走ってくれるだろう。

 初日メインは12Rのドリーム戦。1枠には佐賀県代表・峰竜太【冒頭の写真】が構える。今やボートレース界を代表する選手であり、存在感は際立つ。強さを証明するのは5月以降の最新勝率。何と驚異の9.43をマークしている。走るレースで全て1着を取ったら10点満点になるが(一般戦の場合)、その数字に限りなく近づいている。ボートレースファンからの信頼度は絶大だ。

 最近は、ユーチューバーにもなって「峰竜太ボートレースch」を開設。また、インスタグラムでもプライベートを公開している。公私ともに波に乗っている峰が今回、手にしたモーターは2連対率26.1%の54号機。実績に乏しいが、乗るボートは2連対率51.4%もある33番。現在のエースボートだ。ハンドル勝負が可能なら、ライバル勢の攻めを止めて、1着スタートを決めるはずだ。

(C)BOATRACE

 三国のモーターは、初使用から約3カ月が経過した。その中で、強力に噴いているのは18号機。2連対率47.8%だが、6月には3節連続でファイナル入りを果たした。その前からも抜群の動きを見せていた。そんなトップモーターは、福井県代表・萩原秀人【写真上】がゲットした。前検展示タイムは6秒59の1番時計と、早くも動きの良さをアピール。地元で水面を知り尽くしており、アドバンテージは十分過ぎる。初日は2Rと8Rの出走で4枠と1枠。結果を残すか。

さらに全国ボートレース甲子園を盛り上げるべく、Amazonギフト券やお取り寄せグルメ券が当たるボートレース甲子園応援キャンペーンを実施中!
本キャンペーンには「47都道府県応援キャンペーン」と「クイズで応援キャンペーン」の2つの応募口が!
「47都道府県応援キャンペーン」では、応援する都道府県を指定し、代表選手への応援メッセージと合わせて応募。ご応募いただいた方から、抽選で600名様にAmazonギフト券をプレゼント。また、「クイズで応援キャンペーン」は、節間毎日実施する日替わりクイズに正解すると、抽選で600名様にお取り寄せグルメ券が当たるキャンペーンとなっている。詳細は関連リンクのボートレース甲子園キャンペーンサイトからご確認いただきたい。選手たちにエールを送って、皆でボートレース甲子園を盛り上げよう!
<応募期間>7月12日(日)15:59まで受付 ※上記記載の2つのキャンペーンとも同時刻。

(C)BOATRACE

関連リンク

クラブ名
BOATRACE
クラブ説明文

BOATRACEオフィシャルウェブは、ボートレースに関する数多くのお役立ち情報を提供しているポータルサイトです。 レースの開催日程をはじめ、速報性のあるNEWS情報、初心者にも分かりやすいボートレースの楽しみ方、 過去の記録をまとめたデータ集など初心者~既にファンの皆様までどなたにも活用していただけるウェブサイトとなっております。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント