IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新日本プロレスリング株式会社

【新日本プロレス】ヒロム敗れたり!オカダが変型コブラクラッチで激勝!7.3結果

新日本プロレスリング株式会社

オカダが変型コブラクラッチでヒロムの野望を断ち切る!!
ダークネスに染まったEVILがSANADAに無法勝利!!
7.11大阪城ホールで両者が激突!!
川人がサプライズ凱旋もDOUKIが鉄パイプで滅多打ち!

新日本プロレスリング株式会社

 『NJPW WORLD Special NEW JAPAN CUP 2020』第8戦として開催される準決勝大会。BS朝日の「ワールドプロレスリングリターンズ」で“金曜8時のプロレス生中継”が34年ぶりに復活するなか、4試合がラインナップされた。

新日本プロレスリング株式会社

 メインイベントは、オカダ・カズチカvs高橋ヒロムの『NJC』準決勝戦。現IWGPジュニアヘビー級王者のヒロムが、前IWGPヘビー級王者のオカダを相手に一歩も譲らず、互角の勝負を繰り広げる。

 そして、終盤もTIME BOMBを始めとした大技攻勢を展開したヒロムだったが、TIME BOMB IIだけはオカダが回避。ローリングツームストンパイルドライバーで逆転すると、ローリングレインメーカーから変型コブラクラッチを極める。それでもヒロムが粘ると、オカダは変型レインメーカー2連発からなおも変型コブラクラッチで絞り上げる。最後は危険と判断したレッドシューズ海野が試合をストップした。

 試合後、オカダはヒロムの健闘を称えつつ、『NJC』制覇を改めて予告。さらにはIWGPヘビー&インターコンチネンタル2冠王の内藤哲也も下し、再び新日本プロレスの頂点に立つことを宣言した。

新日本プロレスリング株式会社

 セミファイナルではLOS INGOBERNABLES de JAPONのEVILとSANADAが、決勝戦進出を懸けて激突。絶対に負けられないパートナー対決は、立ち上がりから互いの手の内を読み合う心理戦となる。だが、EVILが次第にラフファイトを全開。なんと、SANADAに2度の急所攻撃を食らわせ、最後はEVILで粉砕してしまった。

 これで『NJC』決勝戦の組み合わせは、オカダvsEVILに決定。7月11日(土)大阪城ホールで雌雄を決することとなった。

新日本プロレスリング株式会社

 CHAOSvsLOS INGOBERNABLES de JAPONという図式になった6人タッグマッチは、『NJC』1回戦でさらに遺恨が深まったSHOと鷹木信悟がエキサイト。試合後は、鷹木の挑発に呼応する形でSHOがNEVER無差別級王座に挑戦表明。強烈なカウンタースピアーで宣戦布告した。

新日本プロレスリング株式会社

 第1試合は、新日本プロレス本隊と鈴木軍が対決した8人タッグマッチ。IWGPタッグ王座をめぐって抗争中の棚橋弘至&飯伏幸太とタイチ&ザック・セイバーJr.が、またもや激しくやり合った。

新日本プロレスリング株式会社

 このほか、第2試合終了後には、海外武者修行中だった川人拓来がマスター・ワトとしてサプライズ凱旋。「新日本プロレスの頂点を取りにいきます」とファンに向けて挨拶した。ところが、そこへ鈴木軍のDOUKIが現れ、ワトを鉄パイプで滅多打ち。予想外で新たな遺恨が勃発した。

関連リンク

クラブ名
新日本プロレスリング株式会社
クラブ説明文

1972年3月6日に創業者のアントニオ猪木が旗揚げ。「キング・オブ・スポーツ」を旗頭にストロングスタイルを掲げ、1980年代-1990年代と一大ブームを巻き起こして、数多くの名選手を輩出した。2010年代以降は、棚橋弘至、中邑真輔、オカダ・カズチカらの台頭で再び隆盛を迎えて、現在は日本だけでなく海外からも多くのファンの支持を集めている。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント