IDでもっと便利に新規取得

ログイン

JAAF

「ロードレース再開についてのガイダンス」策定のお知らせ

日本陸上競技連盟

本連盟は、6月11日に公表した「陸上競技活動再開のガイダンス」策定に続き、マラソンをはじめとするロードレースに特化した「ロードレース再開についてのガイダンス」を策定いたしました。
本ガイダンスは、各大会主催者の大会開催可否及び各種マニュアル作成の検討材料として活用いただくことを目的に、「基本方針」と「チェックリスト」で構成しています。本ガイダンスの策定は、本連盟に設置した「日本陸上競技連盟新型コロナウイルス対策本部」が、「ロードレースガイダンス策定に係る有識者・関係団体連絡会議」を設け、大会関係者や有識者などからの意見集約を行って参りました。
今後も引き続きロードレース関係者への調査を継続的に行い、また社会状況や随時再開されるロードレースからの報告内容に応じて、随時ガイダンスの内容に改変を行って参ります。
 
■今回新規提供資料
・ロードレース再開についてのガイダンス(基本方針)(2020年6月30日)
・ロードレース再開についてのガイダンス(チェックリスト)(2020年6月30日)

■ロードレース開催にあたって3つの基本注意事項
1.徹底した感染予防策の実施
2.感染者が発生した際の危機管理体制の構築
3.参加ランナー、チーム関係者、競技運営関係者の健康状態の把握

■ガイダンス策定の検討体制
・『日本陸上競技連盟新型コロナウイルス対策本部』
 本部長 尾縣貢 (日本陸連専務理事)
 委 員 山澤文裕(日本陸連医事委員長、世界陸連医事委員)
     清水真 (日本陸連法制委員長)
     鈴木一弘(日本陸連競技運営委員長)
     麻場一徳(日本陸連強化委員長)
     早野忠昭(日本陸連RunLinkチーフオフィサー)

・『ロードレースガイダンス策定に係る有識者・関係団体連絡会議』
 日本実業団陸上競技連合、日本学生陸上競技連合、ランニング学会、東京マラソン財団
 本連盟専門委員会(医事委員会、競技運営委員会、法制委員会、強化委員会、総務企画委員会)

■尾縣貢専務理事コメント
ロードレースは公道を使用して行う競技である為、リスク無しに開催することが難しい状況であります。コロナ禍によってロードレースが当たり前に開催されるのではないという事実に対して、私たちは初心に立ち返り、大会主催者、地元行政の方々、地域の方々、医療従事者、そして大会運営関係者はじめロードレースに関わる全ての皆様に感謝申し上げるとともに、ロードレースの再開に向けてオール陸上界で少しずつ歩を進めて参りたいと考えております。

■ガイダンス資料・詳細ページ
https://www.jaaf.or.jp/news/article/13887/

関連リンク

クラブ名
日本陸上競技連盟
クラブ説明文

陸上競技界の様々な情報を、より早く、より深く、より沢山お届けいたします。 日本代表やトップアスリートたちの素顔、大会の裏側、データで見るコラムなど、ここでしか読むことができないコンテンツをお楽しみください。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント