IDでもっと便利に新規取得

ログイン

画像提供:パーソル パ・リーグTV

13安打9得点の猛攻で千葉ロッテが北海道日本ハムに快勝! 藤岡裕大は3試合連続打点

パ・リーグインサイト

 6月4日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテと北海道日本ハムの練習試合は、9対3で千葉ロッテが勝利。2試合続けて引き分けに終わっていた同カード3連戦の最終戦をものにした。

 北海道日本ハムは初回、千葉ロッテの先発・西野勇士投手から、2番・平沼翔太選手が二塁打で出塁すると、3番・野村佑希選手が先制の2ランを放ち、2点を先制。立ち上がりに2点を失った西野投手だったが、以降2回と3回を3者凡退で締め、3回3安打2奪三振2失点の内容でマウンドを降りた。一方、北海道日本ハムの先発・バーヘイゲン投手は3回を投げ、3安打1四球無失点の好投を見せた。

 千葉ロッテは4回裏、2番手・斎藤佑樹投手から3番・福田秀平選手が二塁打で出塁し、4番・レアード選手が四球でこれに続くと、5番・マーティン選手が適時打を放ち、1点差に詰め寄る。

 さらに6回裏、福田秀選手の逆方向への同点弾が飛び出すと、2者連続四球から6番・中村奨吾選手の適時打で勝ち越しに成功。続く7番・井上晴哉選手の2点適時二塁打、9番・藤岡裕大選手の適時打で3点を追加し、この回一挙5得点をあげた。

 4点を追いかける北海道日本ハムは8回表、敵失と安打などで1死1,2塁とすると、清宮幸太郎選手のゴロの間に走者が生還し、1点を追加するも9回表は3者連続三振に倒れた。練習試合特別ルールで9回裏に突入すると、無死2,3塁から和田康士朗選手、細谷圭選手に連続適時打が生まれ、3点を追加して9対3で試合終了。

 勝利した千葉ロッテは3失策とミスが目立ったものの、13安打9得点と打線がつながりを見せた。一方で敗戦した北海道日本ハムは、若手主体で試合に臨み、初回には野村佑希選手が起用に応える先制2ランを放ったものの、中継ぎ陣が粘れなかった。

  123456789 計
日 200000010 3
ロ 000105003 9

日 バーヘイゲン-斎藤佑樹-吉田侑樹-福田俊-秋吉亮-生田目翼
ロ 西野勇士-岩下大輝-中村稔弥-ハーマン-東條大樹

文・高橋優奈

関連リンク

クラブ名
パ・リーグインサイト
クラブ説明文

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント