IDでもっと便利に新規取得

ログイン

(C)BOATRACE

今年後半、注目のルーキー! 吉川貴仁(前編)

BOATRACE

非凡なポテンシャル

養成所成績は優秀だった 養成所成績は優秀だった (C)BOATRACE

 5月6日から11日まで、ボートレース丸亀で「ボートレースレディースvsルーキーズバトル」が開催された。ボート界初の男女対抗戦という触れ込みで2018年12月に第1回が行なわれたこの大会。個人優勝が節間通して争われると同時に、レディース=紅組、ルーキーズ=白組が団体優勝を争うというのが大きな特徴だ。しかも、団体優勝を果たしたチームには、全員に10万円が贈られるのだから、なかなかアツい。ルーキーズは文字通りルーキー世代の若手選手たちで構成されるが、レディースは女子トップクラスも目白押しの豪華メンバーで、歴戦のレディース軍団と若者が真っ向勝負という性格もまた妙味を生んでいる。
 今回の丸亀大会では、団体優勝は紅組にもたらされた。これが5回目の開催だったのだが、これで団体優勝は通算で白組3勝、紅組2勝。また、個人優勝は平高奈菜だったが、これは初のレディースによる個人優勝。それまでの4回はすべて、ルーキーズから個人優勝が出ていた。今のところは、ルーキーズがそのスピードと果敢な攻撃でリードするという傾向が強いと言える。なお、次回は来年2月にボートレース常滑で開催される。
 ルーキーズにとっては名前を売るチャンスともいえる一戦。これまでの大会でも、決してネームバリューが高いとは言えないが、その活躍ぶりで一躍、ファンの目に留まる若手選手が出現している。たとえば、19年2月の江戸川大会の個人戦でデビュー初優勝を果たした澤崎雄哉。それまでは勝率3点台の目立たない存在だったが、一気に名前を売り、またその後成績も上昇している。今回の丸亀でいえば、眞鳥章太がそうした存在だった。デビューしてから一度も1着を獲ったことがないまま参戦したこのシリーズで、眞鳥は嬉しいデビュー初勝利をあげている。全国的な注目が集まる舞台で初の1着とは、なかなか持っている男だ。しかも、デビュー以来初めて準優勝戦にも駒を進めてみせた。これがきっかけとなって、今後は1着数も増えていくだろう。
 当稿の主人公である吉川貴仁もまた、ボートレースレディースvsルーキーズバトルで名前を売った一人である。そして、それを大きな飛躍につなげてもいる。今年後半の注目株の一人として、期待がかかるルーキーだ。

戦法に幅が出てきた近況 戦法に幅が出てきた近況 (C)BOATRACE

 吉川貴仁は、先月取り上げた栗城匠と同期の118期生。2015年春にやまと学校(現ボートレーサー養成所)に入所し、16年5月に地元のボートレース津でデビューした。養成所時代は好成績を残しており、修了記念競走では優勝戦に乗っている。そのポテンシャルはデビュー節でも発揮され、デビュー戦こそ6着大敗も、節間に2着2回、3着1回と早くも舟券に絡んでみせている。初1着は、約3カ月後の津お盆シリーズ。A級選手たちを6コースから一気にまくっての初勝利で、42走目のことだった。最近の新人選手は初勝利に1年以上かかることも珍しくないので、決して遅い初勝利ではなく、むしろ同期の中でも早いほうだった。
 それでも、当初は足踏みも長かった。デビュー期の勝率は2.11、2期目が2.68。3期目に3.03となったものの、4期目は3.00。2年間はなかなか成績を伸ばすことができなかった。特に4期目は転覆が多く、しかもフライングを切って事故点過多の状況に陥ってしまう。我慢のレースを強いられた時期は、吉川にとって消化不良だったことだろう。
 事故パンから解放されて、吉川は好資質を発揮し始める。デビュー5期目の成績上昇度はすごく、勝率は5.47。なんと4期目より2.47も引き上げたのだ。これで初のA2級昇級も決めている。6期目は5.26とやや勝率を下げ、B1級に降級してしまっているが、初の優勝戦進出を果たすなど、進境もうかがえた。同期のなかにはすでに優勝を経験したり、A1級昇級を決めた者もいて、吉川は目立った存在というわけではなかったものの、着々と実力を積み上げていたのは確かなこと。その素質が目を覚ます準備は間違いなく整えられつつあった。

(後編に続く・・・)6/15(月)更新予定


2020年6月1日更新 文:黒須田守(BOATBoy) 写真:池上一摩(BOATBoy)

関連リンク

クラブ名
BOATRACE
クラブ説明文

BOATRACEオフィシャルウェブは、ボートレースに関する数多くのお役立ち情報を提供しているポータルサイトです。 レースの開催日程をはじめ、速報性のあるNEWS情報、初心者にも分かりやすいボートレースの楽しみ方、 過去の記録をまとめたデータ集など初心者~既にファンの皆様までどなたにも活用していただけるウェブサイトとなっております。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント