IDでもっと便利に新規取得

ログイン

(C)BOATRACE

【BOATRACE】夢のG1舞台へ近づく! 喜多須杏奈がレディースチャンピオン初出場へ価値ある1着

BOATRACE

 平和島オールレディース(5月18日〜23日開催)は最終日が終了した。優勝戦は1号艇の大瀧明日香(愛知)がインからコンマ07のトップスタートを決めて逃げ快勝。エースモーター13号機とともにVゴールを駆け抜けた。大瀧はこれが昨年11月の鳴門一般戦以来となる約6カ月ぶりの優勝。今年初Vで通算9回目の優勝となっている。

 さて最終日も激戦が続いた平和島オールレディースだが、なかでも価値ある1着を手にしたのは7Rの喜多須杏奈(徳島)【写真】だ。7Rではインからコンマ20の6番手スタートと後手を踏んだが、他艇の攻めを巧みにブロックして逃げ切り成功。今年イン1着率76%と近況内寄りでの成績を急激に上げている喜多須が見せた技ありの白星だった。

 この1着がなぜ価値が高いかといえば、喜多須はいまレディースチャンピオン初出場に向けて勝負駆けの真っ最中だからだ。選考勝率は現在5.53で、52位あたりとまさにボーダーライン上にいる。

 今節の喜多須はシリーズ3日目まで4・6・5・4・4着と大苦戦し、選考勝率を5.48まで落として崖っぷちの状況に追い込まれていた。しかし4日目から3・1・2・2・1着と鮮やかな反転攻勢。なんとかボーダーライン上に踏みとどまることに成功した。

 思い返せば喜多須は前節の宮島一般戦(5月7日〜10日開催)でもシリーズ前半は5・落・6着と大苦戦しながら、後半は2・2・1着と見事に立て直して反撃を見せていた。これぞレディースチャンピオン出場に向けて高いモチベーションを持っている選手のなせる業か。前節の宮島も今節の平和島も2連対率30位台の低勝率モーターを引いて苦しんだが、絶対に諦めない姿勢を見せて最終日まで気合で戦い抜いた。

 喜多須は次節、5月30日〜6月2日開催の鳴門一般戦に出場予定。レディースチャンピオン選考締切は5月31日のため、シリーズ前半の2日間が勝負駆けになる。ここ2節続けて前半苦しんで後半反撃という展開だったが、次節はそういうわけにはいかない。モーターをいち早く仕上げてシリーズ初日から攻勢に出る必要がある。幸運にも最後の勝負駆けの舞台が地元鳴門となっただけに、調整面で大きく手間取ることはないだろう。G1初出場に向けて気合入りの喜多須がどんな走りを見せるのか注目したい。

注目の平和島オールレディースのレース模様は女子レーサーの情報をまるっと集約したレディースインフォメーションにて配信中。
熱いレースだけでなく、女子レーサーや女子戦のイロハも紹介しており、初心者の皆様にも親しみやすいサイトとなっている。
詳細はページ下の関連リンクレディースインフォメーションよりご確認いただきたい。

関連リンク

クラブ名
BOATRACE
クラブ説明文

BOATRACEオフィシャルウェブは、ボートレースに関する数多くのお役立ち情報を提供しているポータルサイトです。 レースの開催日程をはじめ、速報性のあるNEWS情報、初心者にも分かりやすいボートレースの楽しみ方、 過去の記録をまとめたデータ集など初心者~既にファンの皆様までどなたにも活用していただけるウェブサイトとなっております。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント