IDでもっと便利に新規取得

ログイン

(C)BOATRACE

【BOATRACE】9年前のドラマと重なる 寺島美里が一発逆転のレディースチャンピオン出場なるか

BOATRACE

 平和島オールレディース(5月18日〜23日開催)は5日目が終了。優勝戦に臨む6人のメンバーが決まった。

・1号艇 大瀧明日香(愛知) 今年1コース1着率73%
・2号艇 渡邉 優美(福岡) 今年2コース1着率33%
・3号艇 寺島 美里(東京) 今年3コース1着率0%
・4号艇 寺田 千恵(岡山) 今年4コース1着率37%
・5号艇 原田 佑実(大阪) 今年5コース1着率7%
・6号艇 土屋  南(岡山) 今年6コース1着率0%

 エース13号機とのコンビで頂点を狙う大瀧明日香や、昨年の平和島ヴィーナスシリーズに続く当地2回目の優勝がかかる渡邉優美、16年に続く2回目の平和島オールレディース制覇を目指す寺田千恵など役者がそろった。

 なかでも楽しみなのは3号艇の寺島美里【写真】だろう。今節は準エースモーター43号機を引き当てて注目を集めるなか、1・1・4・2・6・3・5・6・1着の活躍を披露。準優では鮮やかな5コースまくり差しを決め、地元水面でデビュー初優出をつかみ取った。2015年11月のデビューから約4年6カ月。勢いそのままに初優勝を手中にしたいところだ。

 また寺島はこの優勝戦でレディースチャンピオン初出場もかかる。選考勝率は現在4.22でボーダーライン(現在5.51あたり)には遠く及ばない数字。しかしオールレディースで優勝すると優先出場権が得られるため勝率不問で切符が手に入る。一発逆転が可能なのだ。

 もちろん簡単なことではない。これまで選考勝率でボーダーを下回りながらオールレディースで優勝(2013年度までは女子リーグで優勝)して優先出場権を手にした選手は、過去20年をさかのぼっても以下の3人しかいない。

・2019年 金田 幸子 選考勝率5.32(ボーダー5.46)
・2018年 島田なぎさ 選考勝率5.11(ボーダー5.30)
・2011年 川野 芽唯 選考勝率3.83(ボーダー4.96)

 最も劇的だったのは2011年の川野芽唯だろう。選考締切まで残り4日という土壇場で迎えた児島女子リーグ優勝戦で、3コースまくり差しを決めてデビュー初優出初V。奇跡の一発逆転に成功してレディースチャンピオン初出場の切符をもぎ取っている。

 今節の寺島はそれに似ているような気がしないでもない。今年の多摩川レディースチャンピオンの選考締切は5月31日で残りあと9日という土壇場。川野はあのとき準優で6コースまくり差しを決めて3連単8万円券を出しているが、寺島も準優で5コースまくり差しを決めて3万円券を出している。デビュー初優出で優勝戦が3号艇になったのも同じ。レディースチャンピオン初出場を狙うという展開も共通している。

 果たして今節はどんな結末が待っているのだろうか。約9年前に起こったドラマが再現される可能性は十分にある。

注目の平和島オールレディースのレース模様は女子レーサーの情報をまるっと集約したレディースインフォメーションにて配信中。
熱いレースだけでなく、女子レーサーや女子戦のイロハも紹介しており、初心者の皆様にも親しみやすいサイトとなっている。
詳細はページ下の関連リンクレディースインフォメーションよりご確認いただきたい。

関連リンク

クラブ名
BOATRACE
クラブ説明文

BOATRACEオフィシャルウェブは、ボートレースに関する数多くのお役立ち情報を提供しているポータルサイトです。 レースの開催日程をはじめ、速報性のあるNEWS情報、初心者にも分かりやすいボートレースの楽しみ方、 過去の記録をまとめたデータ集など初心者~既にファンの皆様までどなたにも活用していただけるウェブサイトとなっております。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント