IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新日本プロレスリング株式会社

【新日本プロレス】 ヘナーレ選手に直撃!タイで単独の“ムエタイ修行”も敢行!!

新日本プロレスリング株式会社

ニュージーランド出身の若き闘将、トーア・ヘナーレ選手に直撃インタビュー!(後編)

2.26沖縄大会後、単身タイへ渡り参加した過酷なムエタイキャンプ、そして新日本入団の秘話を激語り!

撮影/山本正二

※以下、インタビューの「序盤部分(※一部抜粋)」をSportsnaviで無料公開!

ムエタイキャンプは本当に過酷で大変だったよ。ムエタイに対するタイ人の想いは、ラグビーに対するニュージーランド人の想いに似ていて、凄く情熱があるんだ。

新日本プロレスリング株式会社/山本正二

――さて、ヘナーレ選手。2.26沖縄大会が終わった後、タイへ行ってムエタイキャンプに参加したそうですが。

ヘナーレ イエス。あれは凄くハードだったよ。じつは去年の夏にも行ったんだけど、比べものにならないキツかった。あれこそ、正真正銘のプロフェッショナルなファイト・キャンプ(軍事訓練合宿のようなもの)だ。

――そんなに過酷なトレーニングを積んできたんですね。

ヘナーレ 本当に過酷で大変だったよ。じつはキャンプの終盤、トレーナーに「ムエタイの実戦で闘ってみないか?」って誘われたから、(ファイトマネーを)いくらくれるのか聞いたら、まさかの6,000バーツって言われたんだよ。それって日本円に換算したら2,000円だぜ(笑)。

――それはちょっと安いですよね。

ヘナーレ フフフ。ちょっと少ないよな。まあ、次のシリーズもあったし、「ここで闘いを受けてケガでもしたら、ニュージャパンに怒られるかもしれないからやめとくよ」って断ったんだけどね。

――万一、ケガでもしてシリーズ欠場になったら大事ですからね。

ヘナーレ それにリスクを負うのに、2,000円は少ないかなと思ってさ(笑)。そしたら、トレーナーが彼らの大会に自分を招待してくれて、しかも最前列に座らせてくれたんだ。

――おお、ムエタイの会場はどのような感じでしたか?

ヘナーレ まるで後楽園ホールみたいな雰囲気だったな。どこかニュージャパンの大会と似ていて、なんだか居心地がよかったよ。

――たしかタイへ行ったのは今回が2度目ですよね?

ヘナーレ そうだな。去年の夏に1回行ってるんだけど、俺はずっと格闘技をやってきたから、あの場所が純粋に楽しいんだ。

――ちなみにタイのどこに惹かれたんですか?

ヘナーレ タイの気候がすごく好きなんだ。南国っぽい天気で俺にとっては丁度いい。

――ちょっと日本の気候とは違いますよね。

ヘナーレ そうだな。日本はもの凄い暑くなったり、雪が降るぐらい寒くもなったり寒暖差があるよね。

――ほかにタイの魅力は?

ヘナーレ やっぱり、タイの格闘技文化が好きだな。ムエタイに対するタイ人の想いは、ラグビーに対するニュージーランド人の想いに似ていて、凄く情熱があるんだ。

関連リンク

クラブ名
新日本プロレスリング株式会社
クラブ説明文

1972年3月6日に創業者のアントニオ猪木が旗揚げ。「キング・オブ・スポーツ」を旗頭にストロングスタイルを掲げ、1980年代-1990年代と一大ブームを巻き起こして、数多くの名選手を輩出した。2010年代以降は、棚橋弘至、中邑真輔、オカダ・カズチカらの台頭で再び隆盛を迎えて、現在は日本だけでなく海外からも多くのファンの支持を集めている。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント