IDでもっと便利に新規取得

ログイン

再び差した希望の光(©JGTOimages)

<国内男子ゴルフ>落胆から一転。木下稜介の激動の1日

日本ゴルフツアー機構 (JGTO)

4月7日の朝は「最悪の目覚め」。まず、全英オープン中止の一報は、早朝のネットニュースで見た。今年1月に、その出場予選会をかねた日亜共同「SMBCシンガポールオープン」の6位で得た初のメジャー切符も「開催中止なら、取り消されるだろう」と想像して木下は、少なからずショックを受けた。

だが、大会を主催するR&Aが、すでに出場資格を得ている選手は2021年度の開催でも出場できる旨を追加発表したのは同日夜。
部屋でひとり、思わずガッツポーズを握ってしまった。
「よっしゃ、ラッキー…!」と、大きな独り言も出た。

20代のうちに、メジャーに出ることが夢だった。当初の予定どおり開催されていれば、ちょうど初日に当たる7月16日に29歳の誕生日も祝えるはずだった。
すでにおさえてあった飛行機も、キャンセル費が発生してしまうが来年への出場権の持ち越し決定は、そんな出費も吹き飛んでしまうほど。
むしろ、だいぶ早い誕生日プレゼントをもらった気持ちだ。

今オフは、全英オープンに照準を合わせてトレーニングやスイング改造に着手。中止の発表前日の6日も”3密”を避けて、兵庫・三宮(さんのみや)の公園の片隅で、早川怜トレーナーの鬼の特訓を受けたばかりで、「あまりのきつさに久しぶりに吐きましたよ」。

待望のメジャーデビューは1年伸びたが「初メジャーに向けて、さらなるレベルアップの時間をもらえたと前向きにとらえて頑張ります」と、朝の消沈から一転、再び希望の光が差し出した。

この日は、政府の緊急事態宣言も発令された。
木下の地元・奈良県は、対象地域には入っていないが今後は周辺のゴルフ場でも、どういう措置が取られるか。
「僕らプロはゴルフが仕事なので…。このまままったく練習しないわけにもいかない。だけど今までのように練習を続けられるのか。そこはとても不安ですが、とにかく今は耐えてできる範囲で備えていくしかない」。

つい2週前には、関西・中部に9つのゴルフ場を抱える信和ゴルフグループとコース使用契約を結んだばかりだ。
「先月、たまたま社長さんとお会いしたときに、男子ゴルフも中止が続く事態を心配してうちで練習すれば、と声をかけてくださって…。本当に、ありがたいことです」。
こんな逆境でも救いの手を伸ばしてくださる人もいてくれる。
こんな時だからこそ、親切が心に沁みる。

関連リンク

クラブ名
日本ゴルフツアー機構 (JGTO)
クラブ説明文

一般社団法人日本ゴルフツアー機構(JGTO)が運営する公式サイトです。 男子プロゴルフツアーの大会スケジュールや試合のLIVE速報、試合結果、選手のランキングデータの情報はもちろん、各試合の最新ニュースやトピックス等をお届けします。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント