IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新日本プロレスリング株式会社/タイコウクニヨシ

【新日本プロレス】内藤への想い、二冠王座、MSG大会……オカダ・カズチカに直撃!

新日本プロレスリング株式会社

前編に続き、いまこそオカダ・カズチカにインタビュー! 今回の後編では、1.5東京ドームで二冠戦を争った内藤哲也に関して直撃! さらには、IWGPヘビーへの想い、そして“格闘技の殿堂”マディソン・スクエア・ガーデン大会にも言及!

撮影/タイコウクニヨシ


※以下、オカダ・カズチカ選手インタビュー(後編)の序盤を無料公開!

最終的に全部持っていったのは内藤さんですけど、オカダvs飯伏が1月4日のメインにあったから東京ドーム2連戦はよかったんじゃないかなと

新日本プロレスリング株式会社

――前回の続きになりますが、あの1.4東京ドームの飯伏幸太戦は、オカダ選手的にも気持ちよかったと。

オカダ ええ。なので正直、もっと“浸って”いたかったですね、あの飯伏戦の余韻に……。でも、すぐ内藤(哲也)さんが入ってきちゃって(苦笑)。

――もう間髪入れずに入ってきましたね(笑)。

オカダ すぐ翌日の試合にモードをシフトしなきゃいけなくて、一息つく暇すらなかったですよ。ただ、本当に飯伏さん……。そうですね、もう1回やりたいっちゃあやりたいですね。そして、「もっと浸りたかったな」と。

新日本プロレスリング株式会社

――二冠戦の流れとはべつに、やはり飯伏選手とオカダ選手のお二人にしかわからない東京ドームまでの道のりがあったと思いますし。

オカダ そうですね。だから、たしかに最終的に全部持っていったのは内藤さんですけど、オカダvs飯伏っていう試合が1月4日のメインにあったから東京ドーム2連戦はよかったんじゃないかなと思います。

――あの東京ドーム2連戦を牽引したのは、間違いなくそのカードだと思いますね。

オカダ もし、1月4日が「あれ? そんなにおもしろくないや」と思われたら、1月5日への注目度もきっと変わっていたと思いますし。

――そうですね。どうしても2連戦は、最後の結末ばかりピックアップされがちになってしまいますけど。

オカダ まあ、そういう意味では、プロレスも勝者がすべてを持っていく部分はあるんで(苦笑)。

本当に自分は内藤さんの“目の上のたんこぶ”だったんだろうと思いますから

新日本プロレスリング株式会社/タイコウクニヨシ

――そのへんも含めて、1月5日にひさびさに東京ドームの舞台で闘った内藤選手はいかがでしたか?

オカダ まあ、その前にも何回かやってますけど、やっぱり内藤さんは「いまが一番いい時期なんじゃないかな」と思いますね。ある意味で「完成されたな」というか。

――あ、そうですか。内藤選手がレスラーとして完成されたと。

オカダ ただ、それが内藤さんにとっていいことなのかどうかはわからないですよ? ロス・インゴっていうユニットもある中で、レスラーとして完成することがいいのかどうか? そのへんちょっと様子を見ていかなきゃいけないのかなって。あとはなんて言うんですかね? 内藤さんは脆い……、脆いじゃないな。危ない感じがお客さんを惹きつけたんじゃないかなっていう部分もあったと思いますし。

――いい意味で、完成されていない不安定な部分も魅力の一つではありましたね。

オカダ それがいまや「闘いのスタイルも確立されてるな」と、闘ってみてボクも思いましたし。ここでベルトを二つ持ったことで……。「ここから内藤さんが何を見せていけるのかが大事なのかな」っていう気がしますね。

関連リンク

クラブ名
新日本プロレスリング株式会社
クラブ説明文

1972年3月6日に創業者のアントニオ猪木が旗揚げ。「キング・オブ・スポーツ」を旗頭にストロングスタイルを掲げ、1980年代-1990年代と一大ブームを巻き起こして、数多くの名選手を輩出した。2010年代以降は、棚橋弘至、中邑真輔、オカダ・カズチカらの台頭で再び隆盛を迎えて、現在は日本だけでなく海外からも多くのファンの支持を集めている。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント