IDでもっと便利に新規取得

ログイン

軍記ひろし

【フットサル/移籍情報】長野が原山英之、深江晃好、柴田章仁の現役引退と4選手の退団を発表。

SAL

ボアルース長野は9日に藤森哲也、北原健治、阿部修兵、仲條正祥の退団を発表。翌10日に原山英之、深江晃好、柴田章仁の現役引退を発表した。

原山、藤森はクラブ設立時から9年間在籍

現役引退が発表された原山は2011年に長野が設立されたときから在籍。長野県リーグから始まり、北信越リーグ、Fチャレンジリーグとクラブと共にステップを刻んだ。そして昨シーズンはケガをしながらもキャプテンとして初のF2を戦い、F1昇格へと導いた。

同じくして、今シーズンから同じ北信越のヴィンセドール白山から加入した深江晃好と2015年から在籍していた26歳の柴田章仁の現役引退も発表された。

また、退団が発表された藤森哲也もクラブ発足時から在籍。選手として、さらにはトレーナーとしてチームを支えてきたが今シーズン限りで契約満了となりクラブを離れることになった。

藤森のほかに阿部修兵と仲條正祥、北原健治も退団に。北原に関しても2014年からクラブに6シーズン在籍。北信越リーグ時代から戦ったメンバーの一人としてプレーしていた。

関連リンク

クラブ名
SAL
クラブ説明文

フットサルを見る・蹴る・着るという3つの視点から多角的に発信していくメディアです。見る人には、試合情報や技術・戦術などの競技の魅力、選手のキャラクターや物語を。蹴る人には、ボールを扱う喜びや仲間と蹴る爽快感を。着る人には、注目アイテムや、着こなしのアドバイスを。それぞれのニーズに合ったフットサル情報をお届けします。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント