IDでもっと便利に新規取得

ログイン

JAAF

【ポイント3】日本選手権20km競歩を楽しむ5つのポイント

日本陸上競技連盟

3.残り1枠をかけた50km競歩日本代表の前哨戦

熾烈な50km競歩日本代表争い

50kmWを主戦場としている、荒井広宙(富士通)、野田明宏(自衛隊体育学校)、丸尾知司(愛知製鋼)、小林快(新潟アルビレックスRC)、勝木隼人(自衛隊体育学校)、日本代表経験のある選手たちにも注目。

ドーハ世界陸上金メダルの鈴木雄介(富士通)と全日本競歩高畠大会で日本記録を樹立した川野将虎(東洋大)がすでに東京2020オリンピックに内定している。

50kmW日本代表の枠は残り1枠。


速さも必要に

鈴木雄介の20kmWのシーズンベストは1時間17分46秒、川野将虎のシーズンベスト1時間17分24秒と、代表に内定している2人は20kmWでも日本代表を狙える記録を持つ。

20kmWと50kmWの垣根がなくなってきて、20kmWのスピードが50kmWに必要になってきたように感じられる。

50kmW日本代表の残り1枠をかけた日本選手権50kmW(4月12日/石川・輪島)に向けての戦いにも注目。


写真提供:フォート・キシモト

関連リンク

クラブ名
日本陸上競技連盟
クラブ説明文

陸上競技界の様々な情報を、より早く、より深く、より沢山お届けいたします。 日本代表やトップアスリートたちの素顔、大会の裏側、データで見るコラムなど、ここでしか読むことができないコンテンツをお楽しみください。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント