IDでもっと便利に新規取得

ログイン

JAAF

【ポイント2】日本選手権20km競歩を楽しむ5つのポイント

日本陸上競技連盟

2.レースが動く瞬間

時速16km超え

最初の5kmの先頭集団の動きと通過タイムを見ると、後半の展開が見えてくる。

5kmの通過タイムで19分30秒を切ってきたら、ハイペースでどこまでいけるかというサバイバルレースに。20分をちょっと切る程度のペースであれば、中盤から後半にかけて、どこかで大きくペースアップすることに。

近年はハイペースでレースが進み、その中でさらにハイペースで仕掛けるというレースが続いている。誰がどこで仕掛けるのか。仕掛けるときのペースは1km3分40〜45秒まであがる、その速さに注目。


誰の仕掛けが成功するのか

代表の座を狙う選手は、仕掛ける準備と、仕掛けれたときの対策をしている中での戦い。誰が最初に仕掛けるのか。どこで仕掛けたら成功するのか。

また、1kmのラップタイムではわからないペースの上げ下げの駆け引きもある。1kmのラップタイムは変わっていないのに集団に動きがあるときは1周1kmの中で駆け引きが行われていることも。何キロ地点でレースが動くのか注目。


写真提供:フォート・キシモト

関連リンク

クラブ名
日本陸上競技連盟
クラブ説明文

陸上競技界の様々な情報を、より早く、より深く、より沢山お届けいたします。 日本代表やトップアスリートたちの素顔、大会の裏側、データで見るコラムなど、ここでしか読むことができないコンテンツをお楽しみください。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント