<Photo:Ken Ishii/Getty Images>

QTファイナルステージ 第1日 明日へ ひとこと 最新情報

日本女子プロゴルフ協会(LPGA)

クォリファイングトーナメント ファイナルステージ こだまゴルフクラブ(埼玉県)

河野 杏奈(1位タイ:-6)
「今年はずっとギリギリの成績でした。プロテストの1次予選、2次予選もギリギリで通過。最終プロテストも15位で合格できた。前週のQTファーストステージも、最終ホールのバーディーで出場を確実に。今年は土壇場に強いと思うのですが、今週はギリギリにならないよう、あしたも伸ばすゴルフをしていきたい」

東 浩子(3位タイ:-4)
「1番ホールをボギーとしましたが、続く2番ですぐに取り返せて落ち着きました。きょうはパッティングに確実性があって、スコアを伸ばせた。いいイメージでラウンドできました。このイメージを維持してあと3日間、数字の目標は立てずに、自分のゴルフに集中してやるだけです」

吉本 ここね(3位タイ:-4)
「結果よりも楽しむのを心がけてプレーしていました。シーズン中より良くなっています。ショットは変えましたが、アプローチは変えていません。パッティングはまっすぐストロークして良くなった。1年間やって気がつきました。寒いのは得意です」

安田 祐香(6位タイ:-2)
「(プロテストと異なり)レベルが高いので、気は抜けない。目標は、4日間アンダーパーでプレーすることです。ショット、パッティングは前週(QTファーストステージ)の最終日に比べると良くなっています。(後半)風が吹いてきたので、早いスタートで良かった」

イ ソルラ(15位タイ:-1)
「インコースに入ってから風が強くなってきたので、難しかった。上位で通過したい。30位以上が目標です」

西郷 真央(28位タイ:0)
「途中まで、4アンダーでプレーできたのですが、後半ボギーが続いてしまいました。結局はイーブンでフィニッシュ。とても悔しい。でも大きなミスはなかったですし、相性のいいコースだと思っています。あすから気持ちを切り替えて頑張ります」

吉田 優利(28位タイ:0)
「前半、3つのボギーで苦しい展開だったのですが、自分のゴルフが小さくなっていたことに気づき、思いっきり振っていきました。上がりの2ホールでイーブンに持っていけたことは大きい。あしたを気持ちよくむかえられると思う」

渡邉 彩香(57位タイ:+2)
「ティーショットがすごく良くなりました。自信がついた。QTでは、ティーショットがカギになると思っていた。あぶない球もありませんでした。ノーストレスです。グリーンは難しくはないのですが、3パットが3回」

石川 怜奈(95位:+10)
「7アンダー、出ないかな。スタートからバーディー、バーディーだったが、13番のダブルボギーでイーブンに…。そこから止まらなかった。乗らず、寄らず、入らず。まだあきらめていません。きのう、とんカツ食べたのに」

関連リンク

クラブ名
日本女子プロゴルフ協会(LPGA)
クラブ説明文

一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(LPGA)が運営する公式サイトです。女子プロゴルフツアーのスケジュールをはじめ、試合速報、選手のスタッツ、各大会の最新ニュースやクォリファイングトーナメント(QT)、プロテスト、レッスンの情報などを配信中。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント